「XC40」に見えるボルボの強固なデザイン哲学

軸はぶらさず「XC60」「XC90」とも違う個性

XC40は、そのXC60とも異なる、新開発の小型車用プラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を初採用している。こちらは吉利の新ブランド「Lynk & Co」の車種にも展開している。近い将来登場する次期V40も採用するだろう。

3車種に異なる個性を与えるキャラクターライン

考え方はSPAと似ており、車体前部のオーバーハングが短く、前輪とキャビンが離れたプロポーションを目指している。となるとスタイリングも似てきそうだが、ボルボではボディサイドのキャラクターラインを変えることで、3車種に異なる個性を与えた。

キャラクターラインの違い(筆者撮影)

箱根の試乗会のプレゼンテーションで使っていたイラストを見てみると、XC90では前から後ろまで連続しているラインが、XC60では前後フェンダー部分だけになってフェンダーを強調した。そしてXC40ではフェンダー部分が台形となり、アクティブな雰囲気を出している。

ドア下部のラインもこれに合わせて台形になっており、サイドウインドー後端のハネ上がりは最も強くして、ここでも躍動感を表現している。ちなみにサイドウインドーはXC60/90とは異なり、ドアとリアゲートの間に窓を持たないが、おかげでリアドアの開口部は大きく乗り降りしやすい。

さらにXC40では、この車格だからこそ似合う「遊び」も取り入れている。ルーフを塗り分けた2トーンカラーもそうだが、それ以上に目を引くのは後ろ姿だ。ナンバープレートをバンパーに装着し、リアゲートのパネル中央にVOLVOの5文字を離して置いた。

V40にも使われているこのモチーフは、1960〜1970年代に販売されたスポーツクーペP1800/1800Sを源流とするものだ。

箱根で用意された試乗車は、この時点ですでに300台を売り切っていた発売記念限定車「T5 AWD Rデザイン・ファーストエディション」で、色も白いボディに黒いルーフの2トーンで統一していた。クールなコーディネートとクラシカルなロゴの組み合わせが新鮮だ。

次ページコンパクトSUVらしい遊び心
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。