「XC40」に見えるボルボの強固なデザイン哲学

軸はぶらさず「XC60」「XC90」とも違う個性

箱根の試乗会でボルボ・カー・ジャパン木村隆之社長はこの状況を、「ライフスタイルチョイス」という言葉で表現した。人がクルマに合わせるのではなく、クルマが人に合わせる関係と言えそうだ。

そしてXC40については、カジュアルな雰囲気を強調しており、「Me Car」つまりパーソナルユースがメインであると紹介していた。ファミリー志向の強いボルボの中では異端児と言えるかもしれない。

ボルボの車種はもともと中型ファミリーカー中心だった。オーセンティックなフォルムでいまなお根強い支持を受ける「240シリーズ」、直線基調のスタイリッシュなフォルムとスポーティな走りで人気を博した「850シリーズ」は、いずれも3ナンバーボディに排気量2Lを超えるエンジンを積んでいた。

カジュアルなスニーカー路線の確立

60シリーズはこのクラスを受け継ぐ車種で、中核という言葉がふさわしい。逆に40シリーズの源流は、オランダの自動車メーカーDAFの乗用車部門をルーツに持ち、長きにわたりオランダで開発・生産されていたこともあり、脇役というイメージが強かった。その流れを変えたのが「V40」で、カジュアルなスニーカー路線はここで確立した。

しかしV40はボルボがフォード・グループに属していた時代に開発されたプラットフォームをベースに生まれた。このプラットフォームはマツダも旧型アクセラに使っていた。

一方、XC90とXC60は、2010年に吉利汽車控股集団(ジーリー・ホールディングス)傘下になって以降開発された新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」を採用している。

筆者がヨーテボリでXC60のデザイナーから聞いた話では、以前のプラットフォームはグループ全体で使うことを想定しており、デザイン面での制約が大きかったという。専用設計となったことで、車体前部のオーバーハングが短く、前輪と車室が離れた、プレステージ性の高いプロポーションが実現できたそうだ。

このあたりの経緯は、マツダがフォード・グループから離れた後、スカイアクティブ・テクノロジーに基づいた新世代プラットフォームを開発したストーリーと似ている。

次ページ新開発の小型車用プラットフォーム
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。