5代目「フォレスター」進化する姿形の本質

スバルらしいデザインを実直に表現した

アセント以外は旧型との比較が可能なので、インプレッサ/XVとこのフォレスターの新旧を比べると、パッケージングは3車種ともさほど変わっていないことに気づく。

水平対向4気筒エンジン縦置きによる左右対称4WDというパワートレーンが同一であり、ボディサイズも大幅に変わらなかったことが大きいが、SUBARUが大事にしている視界の良さも関係していると考えている。

新型フォレスターのエクステリア(筆者撮影)

さらに大関氏はフォレスターの使い方として、「家族や友人とともに荷物を載せて余暇を楽しむユーザーが多く、広さや使いやすさを重視してデザインした」と語った。この点も不変のパッケージングに関係しているだろう。

そのうえで新型フォレスターは、サイドウインドー下端のラインをリアに向けてせり上げている。これはインプレッサやXV、アセントと共通する。ただこれだけでは斜め後方の視界がさえぎられる。そこでフォレスターでは前端を一度下げたうえで、せり上げている。

ボディサイドのキャラクターライン

サイドウインドー下に、フロントドア途中でキックアップするキャラクターラインを入れたことも特徴だ。

ボディサイドのキャラクターライン(筆者撮影)

これも過去3車種と一致しており、前端がフロントフェンダーからつながっていることも同じだ。

インプレッサではすぐ上にもサイドウインドーと並行のラインが入っており、個々の線が強めだったこともあって、リアフェンダーとのつながりの部分がしっくりいかない印象だった。

アセントもインプレッサと似ているが、線を弱めたうえにリアフェンダーをオーソドックスな半円形としたこともあって、かなり落ち着いている。そしてフォレスターでは2本とも後端をサイドウインドーに収束させた。

VIZIVパフォーマンスコンセプト(筆者撮影)

このあたりのまとめかたは、さまざまなトライをしている最中かもしれない。個人的には昨年秋の東京モーターショーに展示されたコンセプトカー「VIZIV(ヴィジヴ)パフォーマンスコンセプト」が、メッセージが明確でまとまりもあり好感を抱いている。

大関氏はこのフォルムに、モダンキュービックという言葉を与えている。機能重視のパッケージングでありながら面の張り出しを強調し、たくましさを表現した形だという。

次ページフロントマスクは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT