「お風呂で煙をたく」カビ取り剤が売れるワケ

風呂中に胞子をばらまく「天井カビ」の恐怖

カビ取り剤市場を拡大させた、隠れたヒット商品とは?(写真:尾形文繁)

今年も、カビが繁殖しやすく水回り掃除が悩ましい梅雨の季節がやってくる。特に掃除スペースが広い浴室のケアは大変。

この連載の一覧はこちら

ところが、ここ数年、ママ友や浴室掃除を担当する男性との会話の中で、「掃除が劇的にラクになった」「アレ、不思議だけど効くよね」などとよく話題に上る商品がある。

ライオンの「ルックプラス おふろの防カビくん煙剤」(610円税込想定価格)。浴室掃除といえば、浴室用洗剤や塩素系カビ取り剤などを使って汚れやカビを「落とす」方法が一般的だが、同商品は、銀イオンの“煙”により浴室全体の黒カビ原因菌を除菌してカビを「防ぐ」という商品。

今までとはまったくアプローチが異なるアイテムでありながら、愛用者は筆者の周囲の人たちだけではないようだ。2012年の発売以来、じわじわと売り上げを伸ばしており、2017年度の売り上げは前年比115%と伸長。年間10億円の売り上げで成功とされるカビ取り剤市場において20億円以上を達成したという。

カビ取り作業から解放される?

スゴイのは、除菌力。銀イオンを煙で飛ばすため掃除しづらい天井や換気扇の裏側まで成分が行きわたり、黒カビの原因菌を99.999%除菌できるそうだ。しかもその効果は2カ月ほど続くため、定期的にこの煙をたけば、塩素系カビ取り剤を使うような手間のかかる浴室掃除をすることなく、キレイな浴室を保てるという。

同社の調べでも、2カ月使った人から「本当にカビやぬめりが出てこなかった」「カビ取り作業から解放された」といった声が集まったそうだが、ネットの商品口コミなどを見ても評価は高め。防カビ剤人気ランキングなどでも、上位を獲得していた。

カビ取り作業を面倒に思う人や時短したい人、塩素系カビ取り剤そのものが苦手な人をはじめ、「何が何でもカビを発生させたくないというキレイ好きな方々にファンが多い印象」と、同社のヘルス&ホームケア事業本部リビングケア事業部ブランドマネジャーの宮川孝一さんは話す。

次ページ害虫駆除用のくん煙剤とは違う
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。