スマホ世代も狙え!NEWS ZEROの仕掛け

櫻井翔、桐谷美玲をキャスターにする理由とは?

平日夜11時から始まるニュース番組「NEWS ZERO」は、ニュース番組の中で異彩を放つ存在だ。その理由のひとつとしてあげられるのは、ジャニーズ「嵐」の櫻井翔氏や女優の桐谷美玲氏、ヴァイオリストの宮本笑里氏がキャスターを務めるなど、“若い世代”に向けて、これまでのニュース番組にはない番組作りをしている点である。
「ZERO(原点)にかえって、はじめる。世の中の様々なことをZEROから考え直してみる」というコンセプトで始まった同番組は8年目を迎えた今、どのように作られているのか――。2代目チーフプロデューサーの伊佐治健氏に聞いた。

なぜ、櫻井キャスターが「原発」現場に行ったのか?

「NEWS ZERO」の特徴は、キャスターである櫻井翔氏が担当するニュースで話題のトピックの背景を追求する「イチメン!」のコーナーや、同じくキャスターの桐谷美玲氏が担当する「my generation」という10代、20代の間で話題のニュースや活躍している人物を伝えるコーナーにある。若い曜日担当キャスターが同世代に向けて“同年代ならではの視点を交えながら”報じており、これまでのような有識者中心の堅いニュース番組とは一線を画している。

テレビのニュース番組は「公共性」と「視聴率」という真逆の命題を追求するという難しさがあり、さらに「ZERO」ではテレビ離れが話題になる「若い世代に届ける」というコンセプトを掲げる。そうした厳しい中でも、伊佐治氏は「それぞれ並立は可能」と言う。その象徴とも言えるのが、3月11日に放送された櫻井キャスターのリポートだ。原発事故帰還困難区域である福島県大熊町を訪れ、防護服を着ながら、町役場の人とともに「昔の写真」と「現状」を照らし合わせて、震災2年後の現実を伝えた――。

次ページ櫻井さんや桐谷さんだから“伝えられる”こと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT