人の欲望のカジノが経済危機を生んだ

『人類資金』阪本順治監督が見た経済の正体

――国連ロケもそうですが、ロシアやタイでロケを行ったことで、それがスケールの大きさにつながっています。

やはり風景が変わると、映画として豪華になりますよね。風景だけでなくとも、そこに映っている人種が変わるだけで、ぜいたくな感じはあると思います。

それと経済の話で言えば、それぞれの国で食事に行ったり、酒を買ったりしても、物価を感じるわけじゃないですか。タイに行ったら安かったのに、ロシアに行ったら意外と高かったとか。やはり円安の影響で、今年の4月に再び撮影に訪れたニューヨークでのドル払いには苦労しましたね。支払いも、数百万円から1000万円近い違いになりますから。「ちくしょう、どんどん円安になってきて。昨年だったらこれぐらいで済んだのに。勘弁してくれよ」と思いましたよ(笑)。

――これだけのスケールの作品ですと、制作費もそれなりにかかっているのではないでしょうか?

実際の数字は言えないですが、うちのチームでなければ、確実に倍はかかったでしょう。特に今回は「わかった、お前の暴挙に乗るわ」「こういう映画もあったほうがいいだろう」と言って出資してくれたスポンサーたちにはちゃんと返したいという思いがあった。バジェット(予算)を広げすぎると、すべてがマイナスで終わって、この映画自身も不幸な結果に終わってしまう。だから、できるだけ現場でかかるおカネは圧縮しつつ、それでも当然、スケール感は見せなきゃいけない。それこそ経済の論理ですよ。ものづくりにかかるおカネは圧縮して、それでもいい商品、製品を作ってちゃんと分配できるようにすると。われわれは町工場ですから(笑)。

原田芳雄さんの写真のおかげで撮影は晴れ続き

――少ない予算でいいものを見せる肝とは?

役者のスケジュールがどうであろうが、期間を短縮して、往復の格安チケットを取ることですね。そうすると雨が降ろうが嵐が降ろうが飛行機は変えられない。ちゃんと撮りきってから帰らなければいけない。これはプレッシャーですよ。雨が降らないように祈るしかないという。

これがもし正真正銘の大作映画だと、雨で撮れなかったら、「何百万円か損失が出るけど、1日延ばそうや」ということになる。ただし、今回は1回も天気に左右されることもなく、幸運にも全部撮りきって帰ってきたわけです。

――スタッフの皆さんの情熱が空に伝わったんじゃないでしょうか?

僕は(2011年に亡くなられた)原田芳雄さんとの付き合いが長くて。最後の『大鹿村騒動記』も一緒にやらせてもらったのですが、原田芳雄さんという人はものすごい天気男なのです。芳雄さんとやると天気に左右されることがなかった。それから芳雄さんが亡くなられてからも、僕は芳雄さんの写真をずっと台本に挟んで、持ち歩いているわけですよ。それで、天気が悪くなってくると、その写真を空にかざす。ロシアでもタイでも日本でもそうするとブワーッと雲が晴れていく。そのうち僕が出さなくても撮影助手が「監督、そろそろ芳雄さんお願いします」って言い出しますからね。芳雄さんは絶対に「お前いい加減にしろよ。俺を使い倒すな」と怒っていますよ。でも、そういう偶然や奇跡なども含めて映画なんですよ。日本の映画というのは特に制作環境の条件がよくないですからね。そういう運までつかまなければならないということなんですよ。

(撮影:梅谷 秀司)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?