「歌舞伎座」新開場に沸く松竹、業績上振れへ

4月チケットほぼ完売、5月も順調

4月2日に3年ぶりとなる「歌舞伎座(写真)」の新開場を果たした松竹。今2014年2月期(13年3月~14年2月)は、1年間にわたるこけら落とし興行をテコに、前回「さよなら公演」で集客した10年2月期をはるかにしのぐ営業利益を計上する見込みだ。

営業利益は会社計画より上振れの余地も

松竹は映画興行に加え、歌舞伎興行や不動産事業も手掛ける。会社側が期初に発表した今14年2月期の見通しは、売上高888.6億円(前期比13.1%増)、営業利益43.8億円(同42.8%増)と大幅増収を計画している。

しかし、歌舞伎興行が会社の想定した以上の好スタートを切っていることから、東洋経済では売上高890億円、営業利益47億円程度へと、さらなる上振れ余地があると見ている。

歌舞伎興行は4~6月のみ一幕多い三部制で、こけら落とし興行だけに、藤十郎を筆頭に、看板を張る菊五郎や幸四郎、玉三郎、吉右衛門、仁左衛門ら大物スターが顔をそろえ、染五郎、海老蔵、菊之助、勘九郎ら若手人気役者も勢ぞろいする。

勘三郎、団十郎という人気役者を相次ぎ失ったものの、豪華な顔ぶれで「寿祝歌舞伎花彩」や「弁天娘女男白浪」「勧進帳」などの3部7演目を並べた4月の興行は、最も高価な1階桟敷席(2万2000円)から3階B席(4000円)まで連日ほぼ完売となっている。

次ページ不動産、映画の利益は減少だが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT