ワッツアップCEOが退職を決意した深刻事情

親会社のフェイスブックと激突

WhatAppの共同創業者であるジャン・コウム氏。2016年撮影(写真:REUTERS/Mike Blake)

[サンフランシスコ (ロイター発) ]- 4月30日、1日10億人以上が利用するフェイスブック傘下のメッセージングサービス「WhatsApp(ワッツアップ)」の共同創業者が同社を退社することが明らかになった。フェイスブック社内で最も強くプライバシーを擁護する人物が同社を去ることになる。

ジャン・コウムCEO(最高経営責任者)の退社計画は、親会社であるフェイスブックによるワッツアップの個人データ利用の試みと、その暗号技術弱体化の試みの2つと、ワッツアップ側の戦略とが衝突したことから出てきた、とワシントンポストは社内のやりとりに詳しい人物を引用して報道している.

退社の時期については明らかにせず

コウムは、自身のフェイスブックページへの投稿で共同創業者のブライアン・アクトンについて言及し、「ブライアンと私がワッツアップを創業してから10年近くが経つが、これまで優秀な社員に囲まれて素晴らしい活動を続けることができた」 と書いた。アクトンはワッツアップで8年過ごした後、昨年9月に同メッセージングサービス会社を退社して財団を立ち上げた。

同氏は「自分にとって次の段階に進むときが来た」と書きながらも退社の時期については明らかにしておらず、コメントを得ることもできなかった。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOはコウムの投稿に対してコウムから教わった暗号技術に関することを書き込み、「それ(暗号技術)により中央集権型システムから人々の手に力を取り戻せたことに感謝しており、これらの価値はいつまでもワッツアップの要の部分であり続ける」とコメントした。

次ページ広告への活用を狙っているが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT