「本の読み聞かせ」を今からでもやるべき理由

「父と子」の関係づくりにも効果絶大だ

ここで、子どもたちは尋常ならざる感銘を受けます。し~んとして物音一つ出ません。この時間は、子どもたちが人間の生きることの意味に思い至る得がたいひとときです。

このようなすばらしい時間を、教師とクラスのすべての子どもたちが共有できることは、長編物語を読み聞かせたときの大きな効果であり、功徳といってよいくらいのものだと感じたものです。長編物語の読み聞かせには時間がかかりますが、その分、より大きな感動の共有が可能になります。それは絵本にはないものだと思います。そして、これは親子の間でも可能なはずです。

押さえておきたい2つの注意点

最後に、読み聞かせについての注意点です。1つ目は、本の選び方についてです。覚えておいてほしいのは、大人が読ませたい本と子どもが読みたい本はけっこう違うということです。大人は高尚なテーマを扱った本を選びがちですが、それを子どもが好まないことはよくあります。そういう本でも、すでに本をよく読んでいたり精神年齢や理解力が高かったりする子はついてこられますが、そうでない子には苦痛な時間になってしまいます。そういう子には、本人が「面白い。楽しい」と感じる本を優先してあげてください。そんな中で、大人が読ませたい本もときどき入れる、というくらいでよいと思います。

注意点の2つ目です。読み聞かせというと、ほとんどの場合、物語の絵本を思い浮かべると思います。私がここまで書いてきた内容もその傾向があります。でも、子どももいろいろですから、物語の絵本は好まない子もいます。それよりも自動車や飛行機、動物や昆虫、図鑑やカタログ、などの本を好む子もたくさんいます。そういう子にはそれを優先してあげてください。

また、そういう好きな本もなくて、そもそも読み聞かせ自体をまったく受け付けない子もいます。そういう子には、その子の好きなことをどんどんやらせて、もっと深められるように応援してあげてください。粘土が好きなら粘土、泥遊びが好きなら泥遊び、メカ物が好きならメカ物です。その子はそのほうが伸びますし、幸せにもなります。読み聞かせも読書も子どもを伸ばすための手段、幸せにするための手段にすぎません。目的は子どもを伸ばすことと幸せにすることですから、読み聞かせや読書を受け付けない子に無理強いする必要はないのです。

読書の習慣がついていれば、大人になってからも読みたい本を自分で選んでどんどん読むようになります。つまり、自分で自分を伸ばしていける人になるのです。まさに読書はアクティブラーニングそのものであり、主体的な人生を生きるうえでとても重要な習慣といえます。その習慣をつけるために大きな効果のある読み聞かせを、ぜひ実行してほしいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。