子どもには「好きなこと」をやらせるべきだ

成毛眞氏が提案する「生き抜く能力」の磨き方

成毛眞氏が提案する、子どもの「未来を生き抜く能力」を育てるために最も有効な方法とは?(写真:Nataliia Dorokhina / PIXTA)

富の偏在が加速して二極化が進行

テクノロジーの進化は人類の未来にとって確実にプラスになるというのが私の持論だ。だが、それによってあらゆる社会問題が解決するなどということはもちろんない。

ジャック・アタリも『2030年 ジャック・アタリの未来予測』の中で、民主主義が後退し、富の偏在が加速して二極化が進む可能性を指摘し、経済の利己主義や政治の無分別によって、ささいなことで人々の怒りが爆発する社会の到来を危惧している。

事実、最近はヨーロッパや中東から毎日のように、悲惨なテロのニュースが飛び込んでくるようになった。その根底に格差問題があるのは火を見るより明らかだ。

確かに民主主義が劣化してきているといわれれば、そのとおりだと私も思う。それでもイギリスの元首相ウィンストン・チャーチルがいうように、民主主義は最悪の政治形態だが、これに代わるものはないのである。

中国人に同じ質問をしたら、そんなことはないという答えが返ってくるのかもしれない。でも、もしそうだとしたらそれは、中国人が4000年の歴史の中で、一度も民主主義を経験していないからだ。どんなに裕福になったとしても、グーグルで自由に検索ができないような政治体制の国に住みたいと考える日本人はいないと思う。

次ページ日本の格差は、欧米諸国と比べるとはるかに小さい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。