「大豆農家」がトランプ政権の命運を左右する

米中貿易摩擦の最大焦点に大豆が浮上

中国との貿易摩擦に米国の大豆農家が揺れている(写真:the United Soybean Board)

米国と中国の貿易戦争が、本当に起こるのかどうかは分からない。ころころ変わるトランプ大統領の「次の手」が読み切れないからだ。しかし、貿易戦争に突入した場合、はっきりしていることが1つある。多くの農家が、この秋の中間選挙でトランプ政権と共和党に反旗を翻すことだ。

米中の貿易摩擦で最大の焦点は大豆だ。たかが豆腐や納豆の原料と思うなかれ。中国は輸入した大豆を搾り、急増する食用油原料、家畜飼料に欠かせない大豆ミール需要に振り向ける。

輸出の恩恵を受ける農家は30万人

米国の2017年の対中輸出額は1300億ドル余り。「航空機・部品」が162億ドルで最大だが、大豆が大半を占める「穀類」は137億ドルで2位に付ける。この年に航空機輸出が増えたのは、ボーイング社が202機の対中輸出に成功したからで、2016年には「穀類」が第1位だった。

大豆輸出の恩恵を受ける農家の数は、中西部を中心にして30万人に及ぶ。一方で航空機の直接の恩恵を受けるのはボーイング社など数社に限られる。米国にとって大豆は、最も重要な対中輸出商品だ。

中国は1990年代半ばまで大豆輸出国だった。その後、国内生産量は停滞し、一方で需要はうなぎ登り。年々輸入量が増え続け、約1億トンの大豆を世界からかき集めるようになった。ブラジルからが5割で、米国産は4割を占める。

中国政府は4月4日、米国が対中制裁の品目案を公表したことへの報復として、米国産大豆に25%の関税を上乗せすると発表した。

米パデュー大学の研究チームが3月末、米中貿易戦争による米国産大豆輸出への影響を試算した。「中国が関税を30%上乗せした場合、対中輸出は70%減る可能性がある」というものだ。実際には25%上乗せが発表されたが、同大学のワリー・タイナー教授は筆者の質問に「25%の場合も30%とほぼ同様の大幅な打撃が見込まれる」と答えている。

次ページ100億ドルが吹き飛ぶ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT