「大豆農家」がトランプ政権の命運を左右する

米中貿易摩擦の最大焦点に大豆が浮上

しかし、トランプ政権が中国との貿易戦争を選んだ場合、農家とトランプ氏の蜜月関係にひびが入るのは確実だ。米国の農家は過去3年間、穀物や大豆価格の下落に直面している。「農家はそれ以前の高価格時の蓄えでやりくりしている」(アンダーソン教授)。さらに価格が下がれば、信頼感が揺らぐのは避けられない。

11月の中間選挙に危機感

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは4月12日付(電子版)で「トランプ政権が農家救済検討、対中貿易戦争に備え」と報じた。貿易戦争で農家に影響が及べば、数十億ドル規模の救済策を政権として導入する方針だという。

「貿易問題で打撃を受ける農家を補助金で支援」というのは日本でも見慣れた風景だが、米国の農業団体は怒りを隠さない。同紙によると、最大手の米農業連合会などは、首都ワシントンやトランプ氏の別荘があるフロリダ州パームビーチ周辺で65万ドルを投じ、貿易戦争に反対するテレビ広告を流している。

広告元の団体は4月12日に「農家が必要なのは、(メキシコに次ぐ)第2の輸出市場(中国)の持続的な市場アクセスだ。打撃緩和策では長期にわたる市場喪失の埋め合わせにならない」との声明を出した。

11月の中間選挙を控え、中西部を地盤とする共和党議員の間にもトランプ政権の中国強硬策への危機感が高まっている。4月18日付のニューヨークタイムズ紙は「中西部の農家が共和党にトランプ通商政策で警告」と題した記事を掲載した。農家のトランプ離れ傾向があちこちで始まった。共和党の金城湯池である中西部で、民主党が巻き返しの攻勢に出ているのだ。

怒れる大豆農家が米国の国内政治の行方まで左右する可能性が出てきた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT