飛騨高山にイスラエル人観光客が集まる理由

ナチス時代までさかのぼると理由が見える

“飛騨の小京都”とも呼ばれる情緒ある町並みをそぞろ歩く外国人観光客たち(筆者撮影)

飛騨高山を訪れるイスラエル人が急増している

江戸時代からの古い町並みが残る「飛騨の小京都」。今、日本四大朝市として名高い岐阜県高山市の飛騨高山を訪れるイスラエル人が急増している。

「シャローム!」

ヘブライ語(イスラエルの公用語)で「こんにちは」を意味するその言葉が威勢よく響き渡るのは、飛騨高山の名物朝市だ。地元農家が丹精込めて育てた新鮮な野菜や果物のほか、特産の手作りの漬物や和菓子、さらには可愛らしい和風小物などがずらりと並び、そぞろ歩く観光客が絶えることはない。

もともと、その風情ある街並みから、飛騨高山を訪れる外国人観光客の数は多く、街中には英語や中国語のみならず、タイ語、韓国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語など他言語での散策マップなども充実している。

いわば「外国人フレンドリー」と言えるこの街で、今とりわけ力を入れているのがイスラエル人観光客の受け入れだ。高山市の担当者によると、イスラエル人の宿泊客数は2013年の2833人から、2016年は初めて1万人を超えて3倍以上に急増している。実際に飛騨高山の街を歩くとイスラエル人とおぼしき観光客を見掛けることも多い。

ヘブライ語で声掛けをしていた飲食店の店主に話を聞くと、急増するイスラエル人観光客に対応するため、簡単な単語だけ覚えるようにしたのだという。イスラエルなどヘブライ語圏からの観光客はまだ数が少なく、ヘブライ語の対応は充実していない。そのため、「非常に喜んでもらえる」と手応えを感じている。

次ページイスラエル人が岐阜県に集うのは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。