39歳「工場夜景」に鉱脈を見た男の痛快な稼業

元保育士はこうしてプロカメラマンへ転じた

現場は、大阪・寝屋川流域の排水施設の工事現場だった。豪雨の際に、水を逃がすための分水マンホール、増補幹線を作る大掛かりな工事だ。今回は、記録撮影をするために呼ばれたという。大阪府の職員に導かれ、緊張しながら工事現場に入る。

工事はかなり進んでおり、現場には垂直方向に巨大な穴が掘られていた。

小林さんは自動車から撮影機材を下ろし、ドローンを組み立てる。

「インスパイア2というマシーンです。本体、カメラ、予備電池など合わせて80万~90万円くらいかかっていますね」

大阪の地下施設(撮影:小林哲朗)

リモコンでスイッチを入れると、ローターが回り、砂ぼこりが舞う。ドローンはススッとキビキビした動きで宙を舞う。そして穴の真上に移動し、撮影を始めた。

工事現場を見る機会はあるが、真上から見る機会はそうそうない。真上から見た工事現場は、幾何学的でとても美しかった。現場で働いている人たちも、感嘆の声を上げていた。

その後、マンホールから地下に降りて、まるで巨大なラビリンスのような廃水処理施設の撮影を続けた。

小林さんは実に楽しそうに写真を撮る。

好きなモノじゃないと、かっこよく撮れない

「写真って好きなモノ(被写体)じゃないと、かっこよく撮れないんですよ!! 工事現場に興味がない人がいくら撮っても、全然面白くない写真になるんです」

工事現場に興味がない人がいくら撮っても、全然面白くない(撮影:小林哲朗)

地下迷宮の撮影を終え、外に出た頃にはすっかり夕方になっていた。

移動する自動車の中で、幼少期からのお話を伺った。

「母が沖縄出身だったので、出産だけは沖縄でしました。その後はずっと兵庫県の尼崎市で育ちました」

4人兄弟の2番目だった。小さい頃はあまり自覚がなかったが、高校生くらいになって、「うちは貧乏なんやな」と気づいたという。

「親父が本当にダメな人なんですよ。中学生くらいからフェードアウトしちゃったんですけど……」

次ページ父親が帰ってきたのは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT