Web漫画で花を開かせた男の諦めない生き方

洋介犬は20年かけてオンリーワンに到達した

漫画家の洋介犬(ようすけん)さん(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第33回。

漫画の読み方はここ数年で大きく変わってきている。

この連載の一覧はこちら

戦後は貸本屋で貸本漫画を借りて読むのが、主流だった。その後、『週刊少年サンデー』や『週刊少年マガジン』が創刊され、雑誌で漫画を読む文化に移行した。そして人気のある連載は単行本にまとめられ本屋で購入して読む。この文化はかなり長い期間続いた。

そして2000年代後半になり、電子書籍が登場した。大半の人がスマートフォンやタブレットPCを持つようになり、ジワジワと電子書籍を愛用する人が増えていった。

ウェブで漫画を連載する人も増えた

そして、現在では雑誌ではなくウェブの配信サービスで漫画を連載する人も増えた。漫画を無料で読むことができるアプリもたくさん開設されている。

漫画家の中には、新しいサービスに対し否定的な人もいる。事実、うまくいっていないサイトもあるし、稼げていない漫画家がたくさんいるのも事実だ。

そんな中、ウェブ媒体で非常に成功している漫画家がいる。洋介犬(ようすけん)さんだ。

ウェブコミック雑誌『GANMA!』で2015年から連載をはじめたホラー漫画「外れたみんなの頭のネジ」は現在5巻まで単行本化され累計10万部を超えるヒットになっている。

「外れたみんなの頭のネジ」は現在5巻まで単行本化されている(筆者撮影)

主人公の女子中学生七尾ミサキの住む街のみんなが少しずつ狂っていくホラーテイストの作品だ。毎回、ナゾがナゾを呼ぶ展開で、新作が掲載されるたびに大きな数のアクセスがある。

また講談社コミッククリエイトが運営する『コミクリ!』で連載している『インガ様応報す』や自身のブログ『30秒怪奇妙漫画ブログ「イヌギキ」』も好調だ。

洋介犬さんが住む京都で、話を聞いた。

次ページホラー作品で注目されたが実は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。