39歳「工場夜景」に鉱脈を見た男の痛快な稼業

元保育士はこうしてプロカメラマンへ転じた

ドローンを使って撮影した工場(撮影:小林哲朗)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第32回。

“工場夜景”という写真のジャンルがある。

文字どおり、夜分に工場の写真を撮る。こう言うととても地味な印象を持つかもしれない。ただ、小林哲朗さん(39歳)の写真を見ればきっと心が躍るはずだ。

SF映画のワンシーンのような“工場夜景”

煙を吐く巨大な煙突、複雑に絡み合うパイプ、チェスのコマのように並ぶさまざまな形状のタンクたち……。チープな表現だが、まるでSF映画のワンシーンのようだ。

この連載の一覧はこちら

小林さんは、工場以外にも、工事現場や廃墟など風景写真を撮っているが、どれもとてもかっこいい。

また小林さんの近年の写真には空中からの写真も目立つ。ドローンを使って撮影しているという。ドローンで写真を撮影する静止画のカメラマンは実は珍しい。

ドローンで静止画を撮影するカメラマンは珍しい(撮影:小林哲朗)

ぜひ話を伺いたいと思い連絡をとると、

「今度、大阪で下水施設の工事現場などの撮影をするんですが、ご一緒しませんか?」

と誘われた。

もちろん喜んで足を運んだ。

次ページ現場は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。