iPhone「2代目解体ロボ」、スゴすぎ性能の全貌

アップルはネジ1本までリサイクルする

リサ・ジャクソン氏(写真:アップル)

「デザインも、品質も、地球も犠牲にしない」これは、リサ・ジャクソン氏の言葉だ。ジャクソン氏は、複数年にわたる取り組みであり、小さな一歩が積み重なっていくとして、どんなに細かいことでも妥協せず続けていくことを強調した。

アップルは自社で製品を企画・設計し、自分たちが納得のいく品質になってから世に送り出すという。その際、デザインと品質を極限まで熟成させることはもちろん、そうした追求が地球環境への負荷を極力少なくする。持続性を必ず意識するようにしているという。

リサイクルを考えてから製品を作り始める

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」でもアップルの取り組みについて詳細なリポートをお届けしています。詳細はこちら

使う資源、使用電力などが極力少なくなるように設計し、その持続を実現する。そのうえで確実に回収して再資源化ができる仕組みもデザインする。つまりアップルでは、どのようにリサイクルするかを考えて、製品を作り始めているのだ。

アップルはスマートフォン市場において、販売台数は15%前後のシェアにとどまっているが、利益シェアは85%を超える。高付加価値製品を受け入れてもらえるブランド力と潤沢な投資資金を背景に、着実に理想への歩みを進めているのだ。

そしてつねにこの話でアップルの役員が強調するのは、こうした取り組みこそ、ぜひほかの企業もマネしてほしい、ということだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。