iPhone「2代目解体ロボ」、スゴすぎ性能の全貌

アップルはネジ1本までリサイクルする

リサ・ジャクソン氏(写真:アップル)

「デザインも、品質も、地球も犠牲にしない」これは、リサ・ジャクソン氏の言葉だ。ジャクソン氏は、複数年にわたる取り組みであり、小さな一歩が積み重なっていくとして、どんなに細かいことでも妥協せず続けていくことを強調した。

アップルは自社で製品を企画・設計し、自分たちが納得のいく品質になってから世に送り出すという。その際、デザインと品質を極限まで熟成させることはもちろん、そうした追求が地球環境への負荷を極力少なくする。持続性を必ず意識するようにしているという。

リサイクルを考えてから製品を作り始める

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」でもアップルの取り組みについて詳細なリポートをお届けしています。詳細はこちら

使う資源、使用電力などが極力少なくなるように設計し、その持続を実現する。そのうえで確実に回収して再資源化ができる仕組みもデザインする。つまりアップルでは、どのようにリサイクルするかを考えて、製品を作り始めているのだ。

アップルはスマートフォン市場において、販売台数は15%前後のシェアにとどまっているが、利益シェアは85%を超える。高付加価値製品を受け入れてもらえるブランド力と潤沢な投資資金を背景に、着実に理想への歩みを進めているのだ。

そしてつねにこの話でアップルの役員が強調するのは、こうした取り組みこそ、ぜひほかの企業もマネしてほしい、ということだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT