45歳未満は注目、「第2の人生」のお得な始め方

学びながら失業手当がもらえる制度とは?

学びながら、失業手当をもらい続けることのできる制度があります(写真:CORA / PIXTA)

転職先が決まらないまま退職する場合、「当面は失業手当を頼りに生活を……」と考える方は多いことでしょう。このとき、学びながらおカネをもらえる制度があるとするなら、ぜひ利用してみたいと思いませんか。

意外と知られていない「教育訓練支援給付金」

退職を機に、スキルアップを図るために新たな技術を習得したり、難関な資格を取得してキャリアチェンジをしたいと思われる方はいらっしゃることでしょう。そうしたときに、ぜひ知っているとお得な制度が2つあります。いずれも、学びながら失業手当(正式名称は、雇用保険の「基本手当」といいます)がもらい続けられるというもので、要件を満たす方であれば、トライしてみる価値は大いにあるでしょう。

この連載の一覧はこちら

まずご紹介したいのが「専門実践教育訓練給付金」。これは、2018年1月に改正があり、さらに給付額がアップされました。雇用保険の支給要件期間が3年(初めて教育訓練給付金を受ける場合は2年)以上ある場合などの要件はありますが、受講者が支払った教育訓練経費の50%が6カ月ごとに支給されます。支給上限額は年間40万円(資格取得等をした場合は56万円)です。

専門実践教育訓練給付は、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする、雇用保険の給付制度。訓練期間は原則1~3年以内で、看護師など「業務独占資格」や、介護福祉士や社会福祉士など「名称独占資格」の取得を訓練目標とする講座や専門学校の職業実践専門課程、専門職大学院など厚生労働大臣が指定した多数のコースが取りそろえられています。

ただ給付金制度があるとはいえ、コース受講後に申請をするため、いったんはご自身で費用を負担しなければなりません。働いているときであれば給与がありますが、退職後に受講を開始するならば、学費もあらかじめ準備しておく必要はあるでしょう。

次ページ学費を上回るメリット
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT