知らないと損する、万が一の「休職のルール」

傷病手当金の平均支給期間は約5.5ヵ月

どんなときに、どのくらい休職できるか把握していますか?(写真:saki / PIXTA)

普段元気に働いている方でも、急な病気やケガで働けなくなるリスクはつきものです。そうしたときの、心強い味方が会社の休職制度です。実は、この休職制度は法律で定められたものではなく、会社が独自にルールを定めているものです。休職制度を設ける場合、雇用者は労働契約の締結に際し、休職に関する事項を明示しなければなりません。

休職事由や期間は会社ごとに異なる

どんなときに、どのくらい休職できるか、あなたはすぐに答えられるでしょうか? これを知る方法は、就業規則を確認することです。

この連載の一覧はこちら

休職でいちばんよく知られているのは、私傷病に起因するものですが、それ以外にも、留学などの自己啓発休職、出向休職、起訴休職など、会社ごとにさまざまな休職理由が定められています。

休職期間も、全社員一律の場合もあれば、勤続年数や役職などに応じて期間が変動する場合もあります。短いもので3カ月未満から長いものでは2年程度まで、幅広く規定されています。

次ページ近年増加するメンタル不全による休職
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。