知らないと損する、万が一の「休職のルール」

傷病手当金の平均支給期間は約5.5ヵ月

どんなときに、どのくらい休職できるか把握していますか?(写真:saki / PIXTA)

普段元気に働いている方でも、急な病気やケガで働けなくなるリスクはつきものです。そうしたときの、心強い味方が会社の休職制度です。実は、この休職制度は法律で定められたものではなく、会社が独自にルールを定めているものです。休職制度を設ける場合、雇用者は労働契約の締結に際し、休職に関する事項を明示しなければなりません。

休職事由や期間は会社ごとに異なる

どんなときに、どのくらい休職できるか、あなたはすぐに答えられるでしょうか? これを知る方法は、就業規則を確認することです。

この連載の一覧はこちら

休職でいちばんよく知られているのは、私傷病に起因するものですが、それ以外にも、留学などの自己啓発休職、出向休職、起訴休職など、会社ごとにさまざまな休職理由が定められています。

休職期間も、全社員一律の場合もあれば、勤続年数や役職などに応じて期間が変動する場合もあります。短いもので3カ月未満から長いものでは2年程度まで、幅広く規定されています。

次ページ近年増加するメンタル不全による休職
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT