「論理的なだけの人」に教えたい伝え方の基本

印象が薄い、企画が通らない人の盲点

伝わらない、共感されない文章を変えるにはコツがあります(写真:baona / iStock)

文章には2種類の書き方がある

文章を書くことに苦手意識はありますか? 「論理的だけど、記憶に残らない」などと人に指摘されたことはありませんか?

この連載の記事一覧はこちら

筆者は論理的な文章を書くための研修講師をしたり、文章の書き方の本を執筆しています。研修では実際に書かれた文章の改善指導を行うこともあるので、ビジネス文書を目にする機会が多くあります。

近年ではロジカルシンキングの考え方が広まり、情報を整理して書くことを心掛ける方も増えてきたように思います。しかし、単に情報が整理されているだけの文章では伝わらないこともあります。では、何が必要なのかというと、以下の2つの種類の文章が必要です。

①構造化された文章=ストラクチャーがわかりやすい文章
②物語化された文章=ストーリーがわかりやすい文章

①の構造化された文章とは、たとえば問題の要点が3つにまとめられているなど、全体像とその構成要素によって整理されている文章です。読み手は全体をとらえたうえで今どこの話がされているのかを理解しやすいという利点があります。

一方、②の物語化された文章とは、実際にあったエピソードなど、感情やシーンの展開・変化が中心で、流れに重きが置かれています。読み手が感情移入しやすく、共感を得やすいタイプの文章です。

この2つの文章の特徴をまとめてみると以下のようになります。

次ページ2つがそろっていることが重要
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。