名門高「都内私立優位」という大いなる錯覚

東大・京大・国公立大医学部合格ランキング

高校の進学力は東大合格者数だけではわからない(写真:KatarzynaBialasiewicz/iStock)

「私立優位」は中学受験文化が発展した地域限定

雨粒が大地に落ち、一筋の流れをつくる。ひとたび流れができると、雨水はことごとくそこに集まるようになる。集まる水が多くなれば多くなるほど水が大地を削る浸食の力は大きくなり、やがてそれが川となる。川はやがて谷や平野を形成し、いちどできた川の流れは、そう簡単には変わらない。いわゆる「水路づけ」である。

これと同じことが、進学における「進路」にもいえる。優秀な子どもたちが集まる「進路」がひとたびできると、ますます優秀な子どもたちがそこに集まるようになり、進学の「王道」が形成される。「王道」はあるいは「エリート街道」とも呼ばれる。一度できた「王道」は、そう簡単には変わらない。

東京発全国区のマスコミの報道だけを見ると、都内有名私立高校から東大へ進学することが「王道」であるかのように錯覚させられる。全国的に注目度の高い東大合格者数ランキングの上位を、そのような高校が占めているからだ。

しかし「私立優位」は、東京などごく一部の、中学受験文化が発展した地域における特殊な状況である。いわゆる地方都市においては、公立高校の優位が続いている。「水路づけ」ならぬ「進路づけ」のパターンが、首都圏と地方都市では違うのだ。

次ページ地方においては公立名門校に集う
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。