ハリルジャパン、遠征未勝利で何を学ぶのか

選手たちにはロシアW杯に挑む強い自覚を

3月27日のウクライナ戦のスターティングメンバ―(写真:JFA/アフロ)

2カ月後に迫った、2018年ロシアワールドカップ本大会のメンバー発表前最後の海外テストマッチとなった3月23日のマリ、27日のウクライナ2連戦(ベルギー・リエージュ)。欧州組を含めたメンバーでは昨年10月のニュージーランド戦(愛知県・豊田スタジアム)から未勝利だったため、今回こそは勝ってチーム全体に自信と勢いをつけたかった。

けれども、格下であるはずのマリに1-1で引き分けるのが精いっぱいで、欧州予選敗退国・ウクライナにも力の差を見せつけられて1-2で苦杯を喫した。この時期に至ってヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任論が声高に叫ばれるなど、日本は危機的状況に陥ったと言っても過言ではないだろう。

試合の内容はどうだったのか?

2つの試合を分析すると、2戦目のウクライナ戦のほうが内容は上向いた。「マリ戦では慌ててプレーしたり、バックパスが多かったり、ボールコントロールのミスがあったりしたが、今回はそこがよくなった。ボールを奪うこともより多くできたし、奪った後の狙いも明確だった」と指揮官からも前向きなコメントが飛び出した。

まずマリ戦は攻めのスイッチを入れていた大島僚太(J1・川崎フロンターレ)が前半途中に負傷交代したことでリズムが悪化。後半からハリルホジッチ監督が「タテヘ蹴れ」と再三指示を出したことで何人かが困惑し、チームが意思統一を欠いた。

が、ウクライナ戦は少なくとも全員が同じ方向を向いて戦っていた。スタメンにボールキープ力のある本田圭佑(メキシコ・パチューカ)や柴崎岳(スペイン・ヘタフェ)が入ったことも全体を落ち着かせる好材料にはなった。

次ページ決定力不足は相変わらず
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。