ハリルジャパン、遠征未勝利で何を学ぶのか

選手たちにはロシアW杯に挑む強い自覚を

崖っぷちに瀕した2010年南アフリカワールドカップの日本代表が予選1次リーグを突破できたのも、守護神・川島永嗣(フランス・メス)と中澤佑二(J1・横浜F・マリノス)、田中マルクス闘莉王(J2・京都サンガ)を軸とした守備陣でしっかりと相手の攻めを跳ね返したからだ。

先に失点したのは0-1で惜しくも敗れたオランダ戦だけだ。やはりワールドカップのような大舞台では、日本が先に失点すると勝てる可能性が一気に下がると考えたほうがいい。

欧州組を含めたメンバーで5戦勝ちなしの日本代表を見てみると、無失点ゲームは皆無。しかも先に失点したのは、11月のブラジル戦(フランス・リール)、ベルギー戦(ベルギー・ブルージュ)、今回のマリ、ウクライナと4試合にも上っている。攻撃陣が迫力を出せずに苦しんでいる今、リードを許してしまったら、本当に勝ち目がなくなる。それは本大会に行けばなおさらだ。

この遠征で何を選手が得るのか

前からプレスをかけていくのがハリルジャパンの基本戦術ではあるが、ある時間帯は2010年W杯の時のように自陣に引いてブロックを作ることも考えるべき。そういう守備の修正はロシア直前合宿でもできるはずだ。

まずは失点を最小限に減らすことが、ミラクルを起こすカギになる。今回リーダーに躍り出た槙野には、吉田や長友、川島らとともにそういう意思疎通を図る役目を率先して担ってほしい。

停滞感が続く日本代表は今、自信喪失寸前だが、現状を嘆いたところで何も始まらない。今回の2連戦から何を教訓にするのか。それが何よりも重要だということを、選手たちには肝に銘じてもらいたい。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT