トヨタ「スープラ」復活までの知られざる裏側

伝統のFR・直6エンジンレイアウトを踏襲

元々は86の兄貴分となるピュアスポーツカーの企画が発端だったというが、86のイベントで世界各国に行くと「スープラは復活しないのか?」、「86の次はスープラでしょ!!」といったラブコールを受け、その気持ちに応えることになったという。

BMW「 Z4」(写真:筆者撮影)

すでに兄弟車となるBMW「 Z4」はコンセプトモデルが昨年のフランクフルトモーターショーで登場。スープラの動向が注目されていたが、前述のように今回のジュネーブモーターショーでコンセプトモデルがお披露目された。驚きなのは市販モデルではなくレーシングカーであったことだ。ちなみにゼッケンは「90」となっているが、これは5代目(A90系)を示している。

正真正銘のレーシングカー

「雰囲気だけ似せたイメージではなく、LM-GTE(レーシングカーの車両規則の一つ)規定に基づいてドイツのTMG(トヨタモータースポーツ有限会社)で開発を行った正真正銘のレーシングカーです。本来はコンセプトモデルなので見た目だけでいいのですが、スポット溶接やロールケージなどもシッカリと行っています。

これにもちゃんと理由があります。これまで量産車→レーシングカーに仕立てる際に『量産車の段階でこうしておけばよかった』と後悔することばかりでしたが、先にレーシングカーを仕立てることで、量産車にもいいフィードバックができるというわけです」

スープラの開発はレーシングカンパニーである「GRカンパニー」が担当するが、モータースポーツを通じてクルマを鍛える……という部分は、このような所にも表れている。

ただ、一つ気になるのは、なぜ世界のモータースポーツカテゴリーに参戦可能なFIA-GT3ではなく、LM-GTE仕様に仕立てたのかということだ。

多田氏は「改造範囲が広いため開発に役に立つ」と語るが、恐らくトヨタの「ル・マン24時間」へのこだわりの表れだ。今年もWEC参戦を発表しル・マン24時間制覇を目指すが、総合優勝を狙うトップカテゴリーではなく市販車をベースにしたカテゴリーへの参入も検討されているのだろう。そう、ポルシェと同じように。

エクステリアはロングノーズ&ショートデッキの伝統的なFRプロポーションを採用。幅広のフェンダーや大型ウイング、リアディフューザーなどレーシングモディファイが施されているが、フロントマスクやリアフェンダーなどは懐古的ではないものの4代目の流れを汲んだデザインで、BMW Z4コンセプトとはデザインの共通性はない。ボディサイズはパッと見るとコンパクトな印象を受けるが、全長4575×全幅2048×全高1230mm、ホイールベース2470mmと4代目とほぼ同等だ。

次ページインテリアは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT