トヨタ「スープラ」復活までの知られざる裏側

伝統のFR・直6エンジンレイアウトを踏襲

1986年に登場した3代目(A70系)はセリカから独立したモデルとなり、日本向けも海外向けと同じくスープラと名乗るようになった。基本コンポーネントはソアラと共用となりスポーツ色はさらに高められた。ツーリングカーレース用のホモロゲモデル「ターボA」も用意。最後期モデルでは上級モデルのパワートレインが、同じ直列6気筒ながらM型(3.0Lターボ)から最新のJZ型(2.5Lターボ)に刷新された。

1993年に登場した4代目(A80系)はトヨタスポーツカーのフラッグシップとして開発。基本性能に徹底してこだわり、ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えられたモデルとしても有名だ。ハイパワーのFRながらもコントロール性の高さは今でも通用するレベルで、現在もトヨタの社内訓練車として活用中である。モータースポーツの世界でも活躍し、全日本GT選手権/スーパーGTでは4度のチャンピオンに輝いている。

しかし、2002年平成12年度自動車排出ガス規制に対応できず生産終了。スープラの歴史はここで一旦幕を閉じる。その後、2006年に「セリカ」、2007年に「MR-S」が生産終了。トヨタのラインナップからスポーツカーが消えた。

絶滅の危機にあったスポーツカー市場を活性化させた

一方で、2012年、トヨタ×スバルの共同開発で「86」が登場。トヨタが1983~1987年に販売していた「カローラ/スプリンター」のスポーツモデル「レビン/トレノ」の車両型式番号「AE86」を車名の由来とした。AE86の精神を受け継いだライトウェイトFR(後輪駆動)スポーツは世界中で大ヒット、絶滅の危機にあった日本のスポーツカー市場を活性化させた。

開発責任者の多田哲哉氏(写真:筆者撮影)

開発責任者の多田哲哉氏は日本での発売を皮切りに各国のローンチのために世界中を飛び回っていたが、ヨーロッパ向けの試乗会をスペインで開催している時、現会長の内山田竹志氏から「ドイツのミュンヘンに行ってこい、ただし誰にも気づかれずに」という秘密の指令を受けたという。

試乗会の真っただ中に開発責任者が忽然と姿を消したため、現地では大騒ぎとなったそうだが、この時の秘密のミッションがBMWとスポーツカー共同開発のプロジェクトへの第一歩だったのである。

次ページラブコールを受け、応えることになった
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT