トヨタ「スープラ」復活までの知られざる裏側

伝統のFR・直6エンジンレイアウトを踏襲

インテリアはレースに不必要なアイテムは取り外され、各種レース用アイテムが組み込まれている。インパネ上部とセンターのモニター(後方確認用)が見えるが、ここから市販モデルを予想するのは難しい。ただ、歴代スープラと異なるのは、後席がない2シーター仕様であることだ。

「スポーツカーは基本素性が重要です。これまでトヨタはスポーツカーでも色々な要件を盛り込みすぎて、結果的に中途半端なモデルなってしまっていた反省もありました。そこで今回はピュアスポーツとしてベストなホイールベース/トレッドを優先させてレイアウト。そのため2シーターに割り切りました」

歴代スープラから継承しているポイント

ちなみに歴代スープラから継承しているポイントは「FR駆動」と「直列6気筒エンジン」の2点。パワートレインに関しては具体的なスペックは公表されていないものの、BMWのエンジンラインアップから推測すると350~400馬力前後の3Lターボエンジンを搭載するだろう。トランスミッションは2ペダル(DCTか!?)のみの設定という噂が強いが、3ペダルMTの可能性はゼロではないそうだ。

トヨタは2025年をメドに全車種に電動車両を展開することを発表済みだが、この次期スープラが純粋なエンジンのみを搭載する最後のトヨタ車かもしれない。車両重量はi8/i3で培ったカーボン技術を応用、かなり軽量に仕上がっているそうだ。

多田氏は86でトヨタ×スバル、パッソ(初代)でトヨタ×ダイハツと異なるメーカー同士の共同開発を経験しているが、今回のトヨタ×BMWの共同開発はどうだろうか?

「86をスバルと共同開発した時も『大変だったな』と思いましたが、今回はその比ではありませんね。文化はもちろんクルマ作りのアプローチも全然違います。なので、開発当初はギクシャクしていたこともありましたが、『どんなクルマにしたい』という本音をぶつけ合うことと密にコミュニケーションを取ることで、現在は非常にいい関係を築けています。そういう意味では、『居酒屋トーク』と『人』のつながりというのは世界共通ですね」

ベンチマークはポルシェ。芸術作品ではなく工業製品としてのスポーツカーを目指しているそうだ。トヨタスポーツのフラッグシップ、スープラ復活まであと少しの辛抱である。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT