ヤーマン、「4万円」の美顔器がバカ売れの理由

営業利益は急増、美容家電メーカーに追い風

美容家電大手、ヤーマンの業績が急激に拡大している(撮影:今井康一)

ある平日の昼間、ビックカメラ有楽町店の美容家電コーナーを訪れると、中国人観光客であふれていた。中国語を話せる店員は息つく間もなく、客の対応に追われていた。

その美容家電で訪日観光客に圧倒的に人気のあるのが美顔器だ。ビックカメラ有楽町店ビューティーコーナー担当の本間奈々氏は、「ヤーマンの美顔器は本当によく売れる」という。機種によって異なるが、売れ筋は1つ4万円前後もする高額な製品だ。この美顔器が飛ぶように売れている。

また、「指名買いの9割がヤーマンという印象」(本間氏)といい、品番が書かれたメモや商品の写真を店員に見せて、「これをください」と実際の商品を手に取らずに”即買い”していく人が多いという。有楽町店では、高額製品が売れることもあり、美顔器の売上高に占める割合は免税のほうが多いと言う。

営業利益は前期比で急増

ヤーマンと聞いて、なじみのない人も多いかもしれない。同社は1978年に創業、2009年に上場した。美顔器、痩身機、脱毛器など、手で持って使えるコンパクトな家庭用の美容・健康機器を柱の商品としている。

美顔器は機械を顔に当て、温めながら毛穴のケアや保湿などを行うもの。主な販路はテレビ通販や家電量販店、バラエティショップなど。

2014年ごろに始まった中国人観光客によるいわゆる「爆買い」は、炊飯器や数十万円もする高級時計などがメインだった。

2016年ごろに爆買いが落ち着いてから、家電量販店など小売店の免税売り上げを支えるのは、美容家電やマグボトル、化粧品などの小物類だ。特に理美容家電は、「自分のためになにか良いモノを買って帰りたい」という中国人観光客のニーズにも合い人気商品となっている。

3月14日に発表された2017年5月~2018年1月期(第3四半期)決算は、売上高は175億円(前年同期比18.4%増)、営業利益は45億円(同59.6%増)と急増している。この好業績を支えているのが冒頭のような中国人向けの理美容家電の販売だ。

次ページ成長する中国の美容関連市場
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
物流危機は終わらない

ヤマト運輸が先陣を切った、配送会社による荷受け量抑制と運賃値上げ。一方、ネット通販拡大で荷物は増え続ける。パンク寸前の物流網。配送会社、荷主のそれぞれの苦闘を追う。