ラオックス、「平均客単価4割減」の巨大衝撃

「爆買い」失速だけじゃない、赤字転落の理由

晴れた日にもかかわらず、店の前に人はまばら。価格が高めなことに不満な客もいた(写真:記者撮影)

8月中旬のある日の午後1時、ラオックス銀座本店に横付けされたバスから降りてきた45人のうち、店内へ入ったのは4人だった。

店から出てきた20代の中国人女性が購入したのは美容家電のみ。「少し高いかも」と不満を口にした。わずか1年前、店内は身動きが取れないほどの活況で、「20万円以上使った」「炊飯器を4台買った」など威勢のいい声が聞けたが、今や隔世の感がある。

“爆買い”失速は、ラオックスの業績に表れている。2016年12月期の中間期(1〜6月)の売上高は350億円と前年同期比2割強の減少。純利益に至っては、店舗整理損などもあり、4.6億円の赤字に転落した。

大量・地方出店も裏目

家電量販店から総合免税店へと転換したラオックスは、訪日観光客の増加を追い風に、2014年度に14年ぶりとなる黒字化を達成。余勢を駆って2015年度には、過去最高純利益80億円をたたき出した。

劇的な復活を遂げたのもつかの間、高転びしたのには複数の理由がある。中国の関税引き上げや円高元安の影響で、中国人客は高単価品の購入を控えるようになった。

次ページ半年で閉店に追い込まれた店も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。