ラオックス、「平均客単価4割減」の巨大衝撃

「爆買い」失速だけじゃない、赤字転落の理由

晴れた日にもかかわらず、店の前に人はまばら。価格が高めなことに不満な客もいた(写真:記者撮影)

8月中旬のある日の午後1時、ラオックス銀座本店に横付けされたバスから降りてきた45人のうち、店内へ入ったのは4人だった。

店から出てきた20代の中国人女性が購入したのは美容家電のみ。「少し高いかも」と不満を口にした。わずか1年前、店内は身動きが取れないほどの活況で、「20万円以上使った」「炊飯器を4台買った」など威勢のいい声が聞けたが、今や隔世の感がある。

“爆買い”失速は、ラオックスの業績に表れている。2016年12月期の中間期(1〜6月)の売上高は350億円と前年同期比2割強の減少。純利益に至っては、店舗整理損などもあり、4.6億円の赤字に転落した。

大量・地方出店も裏目

家電量販店から総合免税店へと転換したラオックスは、訪日観光客の増加を追い風に、2014年度に14年ぶりとなる黒字化を達成。余勢を駆って2015年度には、過去最高純利益80億円をたたき出した。

劇的な復活を遂げたのもつかの間、高転びしたのには複数の理由がある。中国の関税引き上げや円高元安の影響で、中国人客は高単価品の購入を控えるようになった。

次ページ半年で閉店に追い込まれた店も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT