トランプ大統領は「米朝決裂」を狙っている?

中間選挙に「黄信号」、いよいよ本領発揮だ

3月に入って本領を発揮しているトランプ大統領。これから安倍首相に「シンゾー、北朝鮮との会談は決裂だ。軍事オプション行くから」などと言ってくるのだろうか(写真:ロイター)

今から考えれば、2月のドナルド・トランプ米大統領は比較的おとなしかった。その間にロシアゲートの捜査が着々と進み、フロリダの高校で起きた銃乱射事件に対しては歯切れの悪い対応を繰り返し、ポルノ女優ストーミー・ダニエルズさんとの関係が蒸し返されたりもした。

この連載の記事はこちら

大統領の身辺では、ロブ・ポーター秘書官が元妻2人への虐待容疑で辞職に追い込まれ、お気に入りの美人広報部長のホープ・ヒックスさんがホワイトハウスを去った。

娘婿ジャレッド・クシュナー上級顧問は「セキュリティ・クリアランスの不備」を理由に遠ざけられて、身近な人が周りからどんどん減っていく。メディアの扱いも心なしか小さくなっているようで、天下のお騒がせ男も大統領就任から1年も過ぎて、さすがに鮮度が落ちてきたのかなあ、と思っていたところであった。

3月に入って反撃に出たトランプ大統領

ところがトランプさんは、今月に入ってから果敢に反撃に出た。まずは3月1日、鉄鋼とアルミへの追加関税をぶち上げた。安全保障上の理由に基づく輸入制限措置とのことであったが、筆者としては「あ、アレが原因だな」と反射的に思いましたな。

トランプさんの頭の中を占めていたのは、3月13日のペンシルベニア州第18区下院議員補欠選挙。ピッツバーグ市南方の選挙区で、かつては鉄鋼業で栄えた地域である。保護主義の風を吹かせたのは、かつての鉄鋼労働者たちを鼓舞する選挙戦術であったのだ。

435人もいる下院議員のわずか1補欠選挙のために、世界を相手に貿易戦争を吹っかけるというのはまるで「尻尾が犬を振る」ようなもの。このバランス感覚の悪さがいかにもトランプ流なのだが、ここは2016年大統領選挙で、ヒラリー・クリントン候補に20ポイント差をつけて勝った地区。すなわち、ラストベルトに位置する典型的な「トランプ王国」で、ここを落とすようなら一大事。秋の中間選挙に向けて重要な前哨戦だったのだ。

次ページ最初は「本気」ではなかった?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT