ぐっちーさん「中国の恐ろしさに早く気付け」

アメリカも欧州も日本も、みんな危ない?

投資銀行家のぐっちーさんは、ビジネスの面から見ても「中国を決して信用してはならない」と警鐘を鳴らす(写真:ロイター/アフロ)

アメリカのトランプ政権には、いわゆる「MMT」と呼ばれた強力ラインが機能していました。ハーバート・マクマスター大統領補佐官、ジェームズ・マティス国防長官、レックス・ティラーソン国務長官の3人です。しかし、ドナルド・トランプ大統領のわけのわからなさのせいで、ティラーソン国務長官に続き、ついにマクマスター大統領補佐官まで更迭されました。

トランプの本質は「プロレス劇場型」だが…

まさにトランプ劇場の真骨頂と言えるような展開になりました。まあ、「どうせ続かねーだろ」、と言っていた人も多いんですが、これ、1980年代にトランプ氏と私がある事業をやっていた経験からすると、まさにデジャブー(既視感)。あの時も責任者がそれこそ1年も持たないので、ビジネスをしようと思っても、もうわけがわからない。私が「トランプ担当」を5年やった後は、私のいた会社もそのわけのわからなさに愛想をつかし、付き合うことをやめていた、とも聞きました。

この連載の記事はこちら

このわけのわからなさ……ニューヨークではこういう人やこうしたことをwholly smokes!と表現するのですが、彼はまさにwholly smokes!でありまして、いやはや、これに付き合うってのは得策ではありませんな。

ただ、当初からここでも書いているように、基本的に彼は「プロレス劇場型」でありまして、まず、おどかすんですが本気で技をかけてくることはありません。ただ、人の入れ替えだけはちょっと要注意で、その場所がトランプカンパニーならまだしも、ホワイトハウス、というところに一抹の不安を覚えるわけであります。マクロ経済的にはそれこそ1点の曇りもないアメリカ経済なんですが、この「ホワイトハウスリスク」、というのはちょっと予想もできないので、まあ、投資戦略となると命綱の「OTM(out of the money)オプション」は手放さない、ということなんでしょうかね。

もう一つ。これも多くの専門家が恐れていた事態が起きてしまいました。フェイスブックのデータ漏洩事件であります。

次ページフェイスブックの漏洩事件はヤバイ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。