アメリカ株は「大暴落」なんてしていない

プロの投資家たちは、みんな笑っている

2008年のリーマンショックの時は「阿鼻叫喚」の状態だった。今回は「暴落」とは言えず、むしろプロなら笑っているという(写真:ロイター/アフロ)

暴落・・・・・・。と、どこかの経済新聞などが書いていますが、まずは数値をよく見ましょうよ。

エネルギー企業の比率が多いニューヨークダウ(工業株30種平均)、新興企業の多いナスダック指数などはこういう時は大きく動きます。しかし、最も統計的にバランスが取れていると言われているS&P500種株価指数のチャートをみてみましょう。日々のデータも簡単にとれます。

S&P500は暴落なんてしていない

この連載の記事はこちら

2月5日のアメリカ市場は売りが売りを呼び、S&P500も2648ポイントまで下落しました。

ちなみに6日の日経平均株価も1000円以上突っ込むわけですが、S&Pの2648ポイントは昨年末の2673ポイントからみれば、ほんのわずかのマイナスです。いったん7日に戻して、8日にアメリカは再び暴落・・・などと言いますが、8日のS&P500は2581ポイントで終了しています。これでやっと、2018年初の2695ポイントからみて4%ほど下落しただけです。S&Pもケタが大きくなってきたのでなんだかすごく下がった気がするのですが、パーセントではこんなもんです。9日は値動きこそ荒かったものの、2619ポイントで取引を終えています。

この程度で暴落というのかどうか、ちょっとジャーナリストとしてよく考えてもらいたい。「S&Pも最高値からみたら10%下落した」などと言うかもしれませんが、長いチャートを見るとお分かりの通り、過去は「10%急落」なんていうのは、珍しくもなんともないのですよ・・・・・・。

まあ、そりゃ、ワタクシは1987年のオクトーバークラッシュ(ブラックマンデー)から2000年テックバブル(ITバブル)崩壊、さらには2008年の金融恐慌(リーマンショック)まですべて体験済みなので、若い方には厳しい言い方かもしれません。

しかし、暴落、というのはこの程度の話ではありません。まさに阿鼻叫喚、昨日までニューヨークのヨットクラブでクルーザーを乗り回していたりした奴が突然ヨットをおいたまま夜逃げするとか、それはもう、あり得ないことが連日起きるのが「経済恐慌的暴落」、というわけであります。確かに年初からは下がりましたが、夜な夜なシャンパーニュを飲んでいるような状況では、暴落もくそもありません。ましてや経済恐慌・・・・・・頭冷やしてもらいたいものです。

次ページリーマンショックの暴落はこんなもんじゃなかった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。