NYダウと日経平均株価はどこで下げ止まるか

「過去につけた価格」が一つの目安になる

NYダウや日経平均株価はどこで下げ止まるのか。ひとつのヒントは、過去につけた価格だ(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

アメリカ発の「世界同時株安」が起きてしまいました。2日に発表されたアメリカの1月の雇用統計が市場予測を上回る強い結果となったことで、長期金利(米10年債利回り)が一時2.85%まで急上昇。これが一つのきっかけとなり、ニューヨークダウ平均は665.75ドル安と急落しました。

日米の株価が崩れる兆候はあった

すぐ下げ止まることにも若干期待しましたが、現地時間の週明け5日はもっとすごいことになってしまいました。ダウ平均は一時1600ドル近い急落となり、史上最大の下げ幅を記録。米10年債利回りの上昇一服で、株価は値を戻す場面もありましたが、ここまで下げると金利どころではなかったようです。持ち株の評価損の拡大を恐れ、売りが売りを呼ぶ展開となりました。結局、ダウ平均の2日間の下落幅は1840.96ドル安(-7.03%)となり、年初来では1.51%安と、今年初のマイナス圏に突入しました。

東京株式市場も、5日と6日のたった2日間で、日経平均株価の下げ幅は約1664円となりました。今は国内企業の決算発表の真っただ中にありますが、米国株の調整を横目に、どのように反応してよいかわからず、もやっとしていたところで、不意打ちを食らうかたちとなりました。ただ、それ以前に日経平均株価は1月31日までの6日間で弱気の「連続陰線」を形成していましたし、1月30日にはダウ平均も、チャート上では弱気の「マド」(ローソク足で前回の株価と最新の株価との間に、ぽっかりとすき間ができること)を形成していました。これらは株価が崩れるサインだったに違いありません。

また、今回、強い雇用統計発表後、金利上昇が加速したように言われていますが、これはあくまできっかけにすぎません。すでに、米10年国債の利回りは長期的な下向きのトレンドが、上向きに変わり始めていたからです。一方で10年債の利回りは、2013年12月に付けた3%に近づいてきました。目先は3%を超えて、さらにぐんぐん上昇していくとは思いません。いったんは3%を前に、上がってきた反動で低下する場面があるはずです。そうなると、株価はいったん落ち着くでしょう。

なぜそう予測するかと言うと、過去、米10年債利回りは2012年6月の水準(1.45%)から2013年末の3%まで、約1.55%上昇しました。その後、2016年7月に1.35%まで下落、一時は2012年の水準から底割れする場面がありました。現在は、2016年のこの7月の水準から上昇局面が続いています。テクニカル面から「過去分と同じく1.55%上昇する」と仮定すると、2.9%程度で落ち着くことが予想できるからです。

次ページ日経平均、NYダウの下値のメドは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT