外国人投資家の目標は日経平均2万8000円?

日本経済の復活を信じられない日本人投資家

中国人を中心に、外国人観光客はしっかり増えている。「日本の個人投資家は日本にもっと自信を持ってもいい」と筆者は言う(写真:freeangle / PIXTA)

米国のドナルド・トランプ大統領の「次はNYダウ3万ドル」という言葉をなぞるように、NY株の上げが強烈だ。過熱感を警戒する投資家の心配や一部経済指標の弱さを受け付けず、ばく進を続けている。同国の資産運用大手、ブラックロックの展望でも「米国景気のピークアウトは2年先」となっているが、それを裏付ける勢いだ。

外国人投資家は「日経平均2万8000円」が目標?

一方、日本株はどうか。先週末金曜日に東京証券取引所から、変則的な新年2日間の投資家別売買動向が発表された。マーケット情報などで予測されていた通り、圧倒的な「外国人買い」だった。

内訳を見よう。現物の4851億円、先物の1349億円と合わせた1月第1週6200億円の買い越しは1日当たり3100億円で、5日間の週」として考えると1兆5000億円になるイメージだ。これは、過去を見ても最高レベルの買い越しだった。

しかも、日経平均2万3000円台後半をこれだけ大量に買うと言うことは、外国人投資家の運用姿勢(最低20%は取りに行く)から言って、今年の高値を2万4000円や2万5000円ではなく、(少なくともこの第1週2日間で買った外国人は)2万8000円くらいは見ていると想像できる。片や個人投資家は4578億円の売り越しであり、「日経平均1000円高」に真正面から売り向かったことを表している。


今年の新成人が生まれた1997年、日本の名目GDPは10-12月期に年間ベースで536.6兆円を付けたあと、2016年の537兆円まで長期間の低迷を続けた。先進国のGDP上昇を横目で見ながら、日本人はすっかり自信と希望を失ってしまった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT