火星より寒い米国の株価はちょっと熱すぎる

チキンレースはいつか突然終わりを告げる

いまや米国は「火星よりも寒い」がマーケットは激アツ。だが、いつ大寒波に見舞われてもおかしくない(写真:Barcroft Media/アフロ)

米国は「火星よりも寒い」が、市場は「熱い」

年明けの米国では、大寒気が多くの地域を襲い、一部では零下40度前後に達したという。火星では温度が高い時はマイナス20度程度だとのことなので、米国は火星より寒くなったと報じられている。

一方、株式市場の温度は高く、米国の株価は年初から上値を伸ばして、ニューヨークダウ工業株指数は2万5000ドル超えとなった。2018年第1週は、株価が上がったのは米国だけではなく、後述する日本株を含め、世界的に全面高の様相だった。先週、主要国で株価指数が下落した国は、エジプトとインドネシアだけである。

こうした米国を中心とした株高の要因は、心理だけだとしか思えない。買うから上がる、上がるから買う、という自己増幅的な心理や、売ったら損失を被るかもしれない、という、恐怖、すなわち「チキンレース」の様相だ。しばらくして不振な経済指標が発表されても「それは火星より寒い大寒波のせいで、一時的なものだ」と、悪い材料をすべて無視することもありそうな勢いだ。

なぜ「心理だけだ」、と考えるかと言えば、年初の株価上昇の理由は、「世界的な景気回復期待」だと解説されている。ただ、いったいぜんたい、景気回復を示すどんなデータが出たのか、と考えると、首をひねらざるを得ない。たとえば1月2日(火)の株価上昇については、一部報道では、同日発表の、2017年12月分の世界の製造業購買担当者景気指数(JPモルガンチェースとIHSマークイットの2社が共同で算出)が強かったことが、材料だった、とされている。しかし、そのデータが、世界中の株価に影響を与えるほど話題になったことなど、これまでにあっただろうか。

米国に限ってみれば、1月3日(水)に発表された、2017年12月のISM製造業指数は、確かに強かった(同11月分の58.2に対し、同12月は59.7)。しかし1月5日(金)発表の雇用統計では、12月の非農業部門雇用者数が前月比で19.0万人増えると見込まれていたところ、14.8万人の増加にとどまった。また、同日発表のISM非製造業指数は、2017年11月の57.4から同12月は55.9に悪化している。

次ページ「こじつけ」で上がる株価
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT