金は冬に投資すると、そこそこ儲かりやすい

米国株が高値圏にある今は「買い時」の可能性

金は冬に買うと、その後価格が上昇しやすいという(撮影:尾形文繁)

金相場が徐々に落ち着きを取り戻しつつある。

10月半ばから12月初旬にかけて、金相場は1トロイオンス=1265〜1300ドルのレンジ内にとどまっていたが12月中旬にはこのレンジを下抜け一時は1241ドル台と、約4カ月ぶりの安値をつけた。だが、現在は1280ドル前後と、反発して推移している。

米国株堅調の中でも、金の下値は限定的

投資家は、米国株が堅調に推移していることもあり、一時は金離れの動きを強めたようだ。12月6日には、ドナルド・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことなどで、中東の地政学的リスクの高まりが意識されたものの、安全資産である金は反応薄で買われなかった。

だが12月12・13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)をきっかけに価格は出直りつつある。FOMCでは、2018年以降の米国のGDP成長率が上方修正されるなど強気な経済見通しが示されたものの、ほぼ事前の予想通りだったことで米長期金利が低下。ドルが売られたためこれをきっかけに相場は反発している。

問題は、反発はしたものの、ここから一段の上昇があるかどうかだ。世界最大の金上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールドトラストの保有高は、12月1日には848.11トンだったが、一時は842.81トンまで減少した。リスク資産である米国株が堅調だったこともあり、株の上昇局面では、投資家は安全資産である金から資金をシフトさせたと推測できる。また、テクニカル面でも、重要な水準として意識されやすい200日移動平均線の水準を7月以来、一時的に初めて下回ったことも、売りを誘った要因の一つとなった。だが先物市場におけるポジション調整で下げたともいえ、結果的には、今回の下落が買い場となった可能性がある。

次ページ金価格が一段と上昇する条件は?
人気記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ノースフェイス快走のゴールドウイン

米国のアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」が大ヒットし、ゴールドウインの業績は絶好調。26年ぶりに最高益を更新。次は自社オリジナルのブランドを確立し、海外展開に挑む。