日本株は最長「2019年夏まで上昇する」かも

「新しい年号」になるまで株高は続く?

日本株はバブル化して2019年まで上昇する?(写真:つちのこ / PIXTA)

大発会の日経平均株価が700円高となるなど、好調なスタートを切った2018年の日本株。カリスマ投資家の内田衛氏は、今年の相場をどう予想するのか。いつものように直近2週間の取引を「株日記」で振り返りつつ、見てみよう。

2018年のNYダウはバブル化必至だ

この連載の一覧はコチラ

【12月18日 月曜日】15時、10月24日に公募価格10万4462円(PO)で10口買ったトーセイ・リート投資法人(3451)の10月期決算短信が発表された。それによると2018年4月の分配金予想は、3419円、同じく10月は3252円となっており、合計6671円。本日の終値10万7100円からすると6.22%と高配当になりそう。まだ買ったばかりなので、1年くらいは保有してみようかな。日経平均株価は、348円高の2万2901円と5日ぶりに大幅反発。

【12月19日 火曜日】日経225先物は、60円高の2万2940円、NYダウは、140ドル高の2万4792ドル。日経平均は、33円安の2万2868円。

【12月20日 水曜日】日経225先物は、10円高の2万2810円、NYダウは、37ドル安の2万4754ドル。直近上場の戸建て、マンション中古再生事業のカチタス(8919)は、218円高の2268円と大幅高で上場初日の12月5日に1840円(売出価格1640円)に売ってしまったのが、悔やまれる。佐川急便のSGホールディングス(9143)は、3円安の2100円。日経平均は、23円高の2万2891円。

【12月21日 木曜日】3時05分、日経速報メールで、「米減税法案が議会を通過、法人税21%実現へ」と報道。約1兆5000億ドル減税で、30年ぶりの税制改革が実現しそうだが、NYダウが、史上最高値更新中の経済状況の中で、公約していたこととはいえ、はたしてこんなに大規模な法人税減税をする必要があるのかとても疑問だ。2018年のNYダウは、バブル化必至ではないか。日経225先物は、30円安の2万2830円、NYダウは、28ドル安の2万4726ドル。

11時54分、日銀が金融政策決定会合で、緩和策の維持を決定(8対1の賛成多数)。黒田東彦総裁は「金融緩和は、景気がよくても続ける」と発表し、これでは2018年は、日本も株バブルが起こりそうな状況になってきたな。保有銘柄のリソー教育(4714)が、10月31日以来の900円台回復し、11円高の902円。日経平均は、25円安の2万2866円。

次ページビットコインは人気がなくなったら、どうなるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT