アラフォー以下の人はバブルを知らな過ぎる

2018年、米国はいよいよ「巨大バブル」へGO!?

「平成バブル期」の新卒大学生の会社訪問風景。日経新聞を読んでいた(写真:Fujifotos/アフロ)

日本株は総じて堅調だが、米国では減税法案成立などを大きな材料にNYダウなど主要指数は軒並み過去最高値。この間、カリスマ投資家の内田衛氏は株式新規公開(IPO)のSGホールディングス株の抽選に外れ、がっかり。だが不人気だった別のIPOに申し込んだところ、意外な利益が転がり込んできたのだった。カリスマ投資家は今後の相場をどう見ているのだろうか。いつものように、「株日記」でチェックしてみよう。

【12月4日 月曜日】9月の公募(PO)で購入した日本郵政(6178)の9月分の配当金が入金された。1株25円であるが、公募価格1322円で、本日終値は2円安の1278円。計算すると、配当を考慮してもまだ19円マイナスしている。まあ損益分岐点は配当分下がったけど、早く公募価格まで戻ってほしい。日経平均株価は、111円安の2万2707円と反落。

佐川のSGホールディングス落選、カチタスは当選

この連載の一覧はコチラ

【12月5日 火曜日】NYダウは、58ドル高の2万4290ドルと最高値更新。新規公開で申し込んでいた佐川急便のSGホールディングス(9143)は、大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券に各1000株申し込んでいたが、両方とも落選。今年最大のIPO案件だったのに。しかし、中古住宅再生事業のカチタス(8919)は、主幹事の大和証券で1000株申し込んで1000株当選した。売り出し価格は、1640円。ニトリホールディングスと業務提携しており、東証1部への直接上場だそうだ。日経平均は、84円安の2万2622円と続落。東芝(6502)が増資完了。資本金は2000億円から約5000億円、発行済株式数は、約1.5倍の65億2000万株となり、これで、債務超過で上場廃止懸念はなくなったようだ。

【12月6日 水曜日】日経225先物は、70円安の2万2540円、NYダウは、109ドル安の2万4180ドル。日経平均は、445円安の2万2177円と3日続落で今年最大の下げ幅。そんな中で、優待保有銘柄でコーヒー主力の老舗輸入商社の石光商事(2750)が、28円高の646円の年初来高値を更新し、終値は10円高の628円と逆行高。

次ページビットコインの上昇が止まらない!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT