アラフォー以下の人はバブルを知らな過ぎる

2018年、米国はいよいよ「巨大バブル」へGO!?

14時02分、1950円の高値を付け、大引けでは1860円で引けた。出来高は2189万9800株と東証1部売買高ランキング第7位。カチタスは、東証1部銘柄なので、来月1月末の大引けにTOPIXに組み入れる買いも入るし、3月末には配当ももらえるので、ここまでは保有しようと思っていたが、予想外の急騰で売ることにした。日経平均は、72円安の2万2866円。

日経朝刊1面「ビットコイン取引シェア、日本4割、個人の投機大半」と報道。2016年には9割が中国で取引されていたが、取引所閉鎖で11月にはほぼゼロになった。中国で9割も取引されていた背景は、中国の通貨元を外貨に換えるのに規制があったため、その抜け道としてビットコインが使われていたようだ。そして、日本では、4月に「改正資金決済法施行」をきっかけに取引が急増し、アメリカの36%を抜いて10月の日本のシェア42%とトップとなった。ビットコイン信者は日本に多くいることがわかった。「ビットコイン投機バブル、根拠なき熱狂」といったところだろうか?

仮想通貨ビットコインは、預金や株式と違って保有していても利息は付かないし、配当や株主優待もなく、貴金属の金と似ている。国の方針や法律による部分が多いのが実情だ。現状ではグローバルでみると、日本では人気のあるビットコインということがいえるだろう。大手取引所ビットフライヤーでは、取引者のうち、30歳代以下が6割を占めているそうだ。

SGの初値が好調で悔しい!でも日本郵政が戻ってきた

【12月13日 水曜日】日経225先物は、60円高の2万2900円。NYダウは、158ドル高の2万4544ドル。佐川急便のSGホールディングスが、買い気配スタート、9時33分、1900円の初値を付けた。公開価格は、1620円。初値に基づく時価総額は、6084億円で今年最大時価総額の上場となった。2つの証券会社に1000株ずつ申し込んでいたのに、100株すら当たらなかったのが悔しい。日経平均は、108円安の2万2758円と続落。

【12月14日 木曜日】日経225先物は、40円安の2万2660円、NYダウは80ドル高の2万4585ドルと5日続伸で過去最高値更新。4時05分、日経速報メールで、米、6カ月ぶり利上げ0.25%、FOMC(米国連邦公開市場委員会)で決定と報道。しかし、円相場はインフレ鈍化を受け、円高に進む。昨日上げていたメガバンクセクターは下げ、日本郵政は19円高の1310円と買われた。

次ページ米国は景気がいいのに、減税したらどうなる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。