いよいよバブルは最終局面にさしかかった

株を売って当面現金化する時期が近づいた?

レオナルド・ダヴィンチの幻の絵が510億円で落札。ゴッホの「ひまわり」が日本で50億円以上の高値で落札されたのはいつだっただろうか(写真:Abaca/アフロ)

株高に沸いた11月もそろそろ終了。株は「かなりの高値圏にある」と感じているカリスマ投資家の内田衛氏は、保有銘柄の動向をウォッチしながら、割安感のある日本郵政をすこしばかり買っていたものの、値下がりしてしまった。大手新聞や財務省への恨み節を口にしていると、海の向こうではまたもや「バブルのサイン」が。カリスマ投資家は今後の相場をどう考えているのか。いつものように「投資日記」で振り返ってみよう。

12月13日上場のSGホールディングス株は「買い」?

この連載の一覧はコチラ

【11月6日 月曜日】大和証券の担当者から電話で、佐川急便を中核会社とするSGホールディングス(9143)の新規上場が決まったと連絡があった。まだ、売り出し価格や上場市場などの仮条件は決まっていないが、上場日は12月13日で、大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券がそれぞれ37.75%、SMBC日興証券が10%、野村證券が5%の配分だそうだ。売り出し価格にもよるが、少し買ってみようかな。日経平均株価は、3日続伸で9円高の2万2548円。

【11月7日 火曜日】日経225先物は、30円安の2万2570円、NYダウは、9ドル高の2万3548ドル。日経平均は、389円高の2万2937円と4日続伸で、平成バブル後戻り高値を更新し、なんと25年10カ月ぶりの高値となった。

【11月8日 水曜日】日経225先物は、150円安の2万2840円、NYダウは、8ドル高の2万3557ドル。

昨日、優待保有銘柄で、2017年12月期第3四半期決算を発表した藤田観光(9722)が、205円安(5.48%)の3535円と大幅安。売上高は、508億4900万円と2.9%増、営業利益、経常利益共にプラス転換、純利益も8億2500万円(1株当り利益は、68.85円)となったのに大幅安するなんて、決算が良くても悪くても、決算発表が終わると下がることもある。

次ページ株価はいったん天井。そのあとの読みが難しい
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT