ゴディバと森永製菓、どちらがおいしいのか

目隠しチョコテイスティングでわかったこと

ゴディバの「カレ ミルク」(右)と森永の「カレ・ド・ショコラ」フレンチミルク味。あなたはどちらが好きですか(写真提供:スパークス・アセット・マネジメント/瀬尾泰章)

「ゴディバvs.森永製菓」。読者の皆さんは、どちらがお好きだろうか。実は、チョコレートの「ブラインドテイスティング」で、どちらのほうが好きかを答えてもらう試みが、大手資産運用会社のスパークス・アセット・マネジメント、そして東京経済大学の石川雅也ゼミと金鉉玉ゼミの共同で行われた。味の好き嫌いを判断するのは、2つのゼミ学生33人と2人の准教授(石川・金)の計35人である。

これが、なかなか面白い結果となった。

ゴディバvs.森永、ブランド名を明かさず食べてもらった

ゴディバといえば、ベルギー王室御用達の高級チョコレートメーカーとして、世界的に高いブランド力を持っている。歴史はあるが、創業者のジョセフ・ドラップス氏がチョコレートを作り始めたのは、1926年である。

一方、森永製菓は1899年に森永太一郎氏が創業した製菓会社で、日本人でその名を知らない者は、いないといっても過言ではない、国民的ブランドだ。

この「一騎打ち」に用いられたチョコレートは、ゴディバ側が「カレ ミルク」。「カレ アソートメント」(9枚入りや16枚入りがある)などの中に入っている1枚だ。全店ではないが、1枚ずつでも買うことができる。一方、森永製菓側は「カレ・ド・ショコラ」のフレンチミルク味である。1箱は21枚入りだ。ちなみに、「カレ」は、四角を意味するフランス語である。

まずは目をつぶった状態で、両方のチョコレートを学生たちに1枚ずつ、順番に食べてもらった。学生には、2枚のチョコレートが、ゴディバだとも、森永だとも事前には明かしていない。あくまで別のチョコレートを計2枚食べてもらったわけだ。

チョコレートのブランドはまったく不明。目をつぶって2枚のチョコを食べ比べてみた(写真提供:スパークス・アセット・マネジメント/瀬尾泰章)

その後、「自分の好きな味はどちらか」という問いに対して、「最初に食べたチョコレートが好きな人」「後に食べたチョコレートが好きな人」というようにはっきり2つのグループに分け、教室のまんなかをはさんで、数え間違いがないように席を移ってもらった。読者に少しだけ先にタネを明かすと、最初に配られたのがゴディバで、後が森永である。

次ページ結果は、どうだったのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT