あのゴディバをコンビニでよく見掛ける理由

気軽な場所で求められるラグジュアリー体験

ローソンが販売する「Uchi Café SWEETS×GODIVAキャラメルショコラロールケーキ」(税込395円、10月31日発売)

スイーツ、ドリンク、アイス――。ここのところ、ゴディバの名前を冠した商品をよくコンビニで見掛ける。ゴディバといえば、高級チョコレートの代名詞。コンビニといえば、日常の象徴。対照的ともいえるこの2つの存在が今、こんなに結びついているのはなぜだろうか。

ゴディバが初めてコンビニで販売を開始したのは、2010年のバレンタインシーズン。以来、年々コンビニでの販売アイテムを増やし、2017年6月にはローソンで「Uchi Café SWEETS×GODIVAショコラロールケーキ」を筆頭に、7月には同コラボレーションの「ショコラプリン」、9月には、「ショコラタルト」「ガトーショコラ」と、立て続けに限定商品を販売した。

ジェローム・シュシャン/ゴディバ ジャパン社長。1961年パリ生まれ。LVMHグループ・ヘネシーのビジネス開発ディレクター、リヤドロジャパン代表取締役社長など、日本、アジアを中心とする国際市場で25年にわたりラグジュアリーブランド業務に従事し、2010年にゴディバ ジャパン代表取締役に就任

また、コンビニ限定サイズのアイスクリーム、チョコレートアイスバー、チルドカップドリンク(チョコレートドリンク)などを展開し、今やコンビニでオールシーズン、あらゆるゴディバのアイテムに出合えるといっても過言ではない。

どんな戦略があるのか、2010年からゴディバ ジャパンで社長を務めるジェローム・シュシャン氏に話を聞いた。ゴディバ初のコンビニエンスストア展開は2010年からなので、まさにシュシャン氏が社長に就任してすぐのタイミングとなる。

ゴディバはベルギーのブリュッセルで1926年に創業した老舗で、現在は世界100カ国以上で販売される世界の超有名高級チョコレートブランド。日本に上陸した1972年以来、高級チョコレートの代名詞として、真っ先に名前が挙がるほどの知名度がある。

高級イメージのゴディバのチョコレートを、コンビニで販売する決断は、社長として大きなチャレンジではなかっただろうか。

アスピレーショナルとアクセシブルの両立

「アスピレーショナル(あこがれ)とアクセシブル(行きやすい)は相反するものではありません。両立できるのです」。シュシャン氏は語る。

次ページ相乗効果で既存店の売り上げもアップ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。