裏庭にバーを作ると人生は最高に豊かになる

3万5000円で作った米国人女性に聞いてみた

ウィルコックスさん。自宅の庭の手作りバーで(著者撮影)

家持ちのアメリカ人たちが、ひそかにあこがれてやまないものがある。それは自分の裏庭に建てる「手作りバックヤードバー」だ。 

広い芝生の庭の片隅に小さなバーを建てれば、友人や親戚や近所の人々など、パーティ好きな仲間が喜んでやってくる――。まるで「球場を作れば、選手が集まってくる」という映画『フィールド・オブ・ドリームス』のようだが、そんなガーデンバーが、今、中高年アメリカ人たちの間で静かに流行中だ。

「これなら自分でも作れる」

ミシガン州北部に住む50代後半のペギー・ウィルコックスさんは、中学校教師の職を数年前に引退してから、庭の古い道具小屋を「バー」に改装するプロジェクトに着手した。「きっかけは、アイルランドを訪れたときに、すてきなパブをたくさん見たこと。そのとき、自分の庭にもこんなバーを作ったら楽しいかも、とひらめいた」とウィルコックスさんは語る。さらに、フロリダ州に住む彼女の兄の自宅の裏庭にも、手作りのバーが建てられていたのを見て「これなら自分でも作れる」と確信したという。

庭の片隅にあった小屋を改造(著者撮影)

ウィルコックスさんの家の裏庭の面積は975平方メートルある。日本の感覚からすると広大なスペースだ。その庭の片隅に、道具を収納するための古い小屋が、家を購入した当初から建っていた。芝刈り機や庭仕事の道具などを収納するその小屋をリフォームして、バーを作ることにした。

まず、小屋の壁を長方形にくりぬいて、そこに道端に捨ててあったガラス製のドアを取り付け、開閉できるようにした。

次ページ手作りの木製のいすを並べてカウンターに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT