ゴディバと森永製菓、どちらがおいしいのか

目隠しチョコテイスティングでわかったこと

結果は、「最初に食べたほう(ゴディバ)が好き」と答えた人が17人。「後から食べたほう(森永)が好き」と答えた人が18人だったのである。つまり、好みはほぼ完全に二分された。教室は「えーっ」「やっぱり~」などという声でどよめいた(ブラインドテイスティングの模様は、動画でも収録。詳しくはこちら)。

意外な結果に「えーっ!」と驚く学生や先生。東京経済大学の石川・金合同ゼミで(写真提供:スパークス・アセット・マネジメント/瀬尾泰章)

聞いてみると、ゴディバが好きと答えた人たちの感想は、「滑らか」「食べなれた味」「程よい甘さ」であり、一方の森永製菓が好きと答えた人たちは、「香りと味が好み」「甘さが優しい」「甘さが程よい」というものだった。もちろん味覚は人によって異なる。なので、好き嫌いが分かれるのは当然である。だが、注目したいのは、獲得票数が両者ともほとんど同じだったということだ。

「8倍の価格差」を、どう考えればいいのか

実はここに、今の日本の株式市場が抱えている問題点が隠れている、というのは大げさだろうか。

ゴディバの「カレ アソートメント」の値段は、1グラム当たり24.4円。これに対して森永製菓の「カレ・ド・ショコラ」の値段は、1グラム当たり3.1円で、両者の間にはなんと約8倍もの価格差がある。これだけの価格差があるのにもかかわらず、どちらが好きかという答えは、ほぼ半々となった。もちろん、たった35人の結果といえば、それまでだ。また、ミルクやカカオの含有量などを事細かに比べてはいない。「ゴディバ17対森永18」という事実を、どう解釈するかだ。

「このブラインドテイスティングの狙いは、ブランド力と企業価値について考えることにある。興味深いのは、好みが二分されたこと。これは、2つの商品の価格差ほど、クオリティの差があるわけではないことを示している」と言うのは、今回のブラインドテイスティングを企画した、スパークス・アセット・マネジメントのチーフエコノミスト、清水孝章氏だ。

もし、クオリティ(品質)に差がないとしたら、この価格差をどう説明すればよいのか。ゴディバは輸入品なので、為替レートによるものではないかと考えたくなるが、為替レートでは8倍もの価格差を説明することは不可能だ。では、この「価格差8倍」の「正体」は何だろうか。

次ページ森永は今まで国内を主戦場にしてきた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。