アラフォー以下の人はバブルを知らな過ぎる

2018年、米国はいよいよ「巨大バブル」へGO!?

【12月7日 木曜日】日経225先物は、80円高の2万2280円、NYダウは、39ドル安の2万4140ドル。1ビットコインが、一時182万3865円の高値を付け、青天井状態。報道で「ビットコインの時価総額がトヨタ自動車や米シティグループを抜く」とあったが、私の見方としては、バブル化しているサインのひとつと見ている。シャープ(6753)が東証1部復帰。東芝も復帰できるか? 日経平均は、320円高の2万2498円と4日ぶり大幅反発。

【12月8日 金曜日】日経225先物は、130円高の2万2620円、NYダウは、70ドル高の2万4211ドル。ビットコインの上昇が止まらない。一時、233万1634円の高値を付けた。いくらなんでも上昇は急ピッチなので、短期的な天井ではないかと思った。10月の経常収支、2兆1764億円の黒字で40カ月連続黒字と報道。優待目的保有銘柄のビックカメラ(3048)が、63円高の1578円、また外食コロワイド子会社のアトム(7412)も11円高の908円と2銘柄そろって年初来高値を更新した。日経平均は、313円高の2万2811円と大幅続伸。

【12月9日 土曜日】日経225先物は、30円高の2万2820円、NYダウは、117ドル高の2万4329ドル。1ドル113.47円。

【12月11日 月曜日】仮想通貨のビットコインの先物取引が、シカゴで上場。日経朝刊で、「ゆうパック」年末危機、ヤマト値上げで殺到、日本郵政株は、7円高の1285円。『日経トレンディ』によると、日本のコーヒー消費量は、4年連続で最高記録を更新しているそうだ。優待保有銘柄の石光商事の株価にも追い風か。日経平均は、127円高の2万2938円で3日続伸。

おおっ、カチタス急騰!売却して18万円超の利益確定!

【12月12日 火曜日】日経225先物は、30円安の2万2860円、NYダウは、56ドル高の2万4386ドル。カチタスが東証1部に新規上場、初値は、公開価格を25円上回る1665円で寄り付いた。カチタスは、かつて名証セントレックスに上場していた「やすらぎ」で2013年7月に商号変更した会社だ。そして面白いのが、当時上場していた銘柄コード8919と同じなのだ。過去の再上場銘柄は、人気がなく初値が公開価格割れも珍しくないが、25円高で寄り付いたのは、妥当なところだろうか。

9時19分、公開価格割れの1638円の安値を付け、やっぱり再上場銘柄は人気がないなあ、また、人気がないから、1000株申し込んで1000株当たったのかなと思っていたら、前場引けにかけて急騰したので、11時23分、公開価格を200円上回る1840円で1000株売却し、18万4704円の利益確定となった。

次ページ日本のビットコイン信者は大丈夫だろうか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。