「早大が運用本格化」報道はバブル終盤の証?

相場はジワジワと上がったほうが長続きする

カリスマ投資家の内田衛氏は「早稲田大学の資産運用本格化」報道を聞き、 この種の報道が出ること自体「バブルの最終局面」と推察。強い相場はまだ続くのだろうか(写真:Mugimaki / PIXTA)

世界的な株高はいつまで続くのか。日本株も依然好調だ。そんななか、カリスマ投資家の内田衛氏の1月の成績はどうなのだろうか。「バブルの最終局面」という認識があるからなのか、取引は限定的。むしろ「株は安値で買うもの」というスタンスを貫いているようだ。さらに、今後の相場についてはどう見ているのか。いつものように投資日記で振り返ってみよう。

【1月3日 水曜日】NYダウは、104ドル高の2万4824ドル。

ふるさと納税が「すごいこと」に

この連載の一覧はコチラ

【1月4日 木曜日】米国のCME日経先物は、370円高の2万3140円、NYダウは、98ドル高の2万4922ドル。

日経平均株価は、741円高の2万3506円と、大発会からビックリの爆上げ状態。11月9日ザラバ(取引時間中)高値2万3382円をあっさり上抜いてきた。こんなに爆上げしているのに、優待目的保有のすかいらーく(3197)は、10円安の1593円。超出遅れの日本郵政(6178)も、ようやく10円高の1302円と反発。

【1月5日 金曜日】日経225先物は、200円高の2万3610円、NYダウは、152ドル高の2万5075ドルと初の2万5000ドル台。昨日、上がらなかったすかいらーくが、21円高の1614円の高値引けで、12月27日の権利落ち日の終値1614円と並ぶ。日経平均は、208円高の2万3714円と大幅続伸。

【1月6日 土曜日】日経225先物は、90円高の2万3810円、NYダウは、220ドル高の2万5295ドルと4日続伸。1ドル=113.05円。2017年12月の米雇用統計(非農業部門)は14.8万人増。失業率4.1%で好調続く。

前回、3回目のふるさと納税をして、山形県寒河江市のお礼の品「田舎そば200g×40束(業務用セット80人前)」の寄付金額が、1万円から1万5000円にアップしていると書いた。だが、それ以上のものがあった。2年前に茨城県坂東市に1万円を寄付して、お礼にもらった「深蒸し茶2.5kg」がなくなったので、再度坂東市に寄付をしようとしたら、寄付金額が、1万7000円にアップしていた。日銀の黒田東彦総裁もビックリな「5割、7割当たり前の寄付金インフレ」となっている。

次ページ「ふるさと納税」は余っている商品がお得?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?