仮想通貨取引で個人投資家がやるべきこと

株式相場はいったん天井をつけたのかも

混乱する仮想通貨取引。個人投資家が最低限やっておくべきことは何だろうか(写真:Anesthesia / PIXTA)

NYダウが2月2日、前日比665ドル安と急落。「いつ落ちるか」との不安が、ついに現実のものになった。5日以降の日本市場も当面、不安定な展開が予想される。この間、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのだろうか。どうやら「そろそろ天井」と読んで、取引はそこそこに。一方で大量に保有している低位株が大幅に上昇した。いつものように株日記で振り返ってみよう。

この連載の一覧はコチラ

【1月15日 月曜日】先週末の日経225先物は、110円高の2万3750円、NYダウは、228ドル高の2万5803ドル。1ドル111.04円、1ユーロ135.38円。1月12日に年初来高値1795円を付けたビックカメラ(3048)は、94円安の1670円と大幅安。また、優待保有銘柄のコロワイド子会社のアトム(7412)は、16円高の984円で年初来高値を更新した。そろそろ2月、3月の配当、優待権利取りの動きが出てきたようだ。日経平均株価は、61円高の2万3714円と4日ぶりの反発。

トーセイ・リート投資法人を売って利益確定

【1月16日 火曜日】日経225先物は、50円安の2万3670円、NY市場は休場。日経平均は、236円高の2万3951円と大幅高。仮想通貨のビットコインの価格が急落した。1BTC(ビットコイン)の本日の高値は、169万3104円、安値は、129万5724円。世界各国で仮想通貨に対しての規制強化のニュースがあった影響か。

【1月17日 水曜日】日経225先物は、240円安の2万3710円、NYダウは、10ドル安の2万5792ドルとなったが、一時初の2万6000ドル台を付ける場面があった。1月5日に2万5000ドルに乗せたばかりなのに、上昇が急ピッチなのが気になる。いったん、短期的には天井を付けてしまうのではないか。7時半頃、ビットコインが一時100万円を割れる場面があった。日経平均は、83円安の2万3868円。

【1月18日 木曜日】日経225先物は、230円高の2万4050円、NYダウは、322ドル高の2万6115ドルと主要3指数が最高値を更新した。12時31分、リソー教育(4714)を825円で5000株買う。第3四半期決算発表後、急落した1月10日にも845円で5000株買っている。保有株数は、11万株になった。

また、トーセイ・リート投資法人(3451)を11万2000円で10口売り、6万5216円の利益確定。買いは、2017年10月24日に公募(PO)で10万4462円。トーセイ・リート投資法人は、上場リートの中では高利回りで、今年の4月と10月の分配金予想金額合計が、6671円で本日の売値からすると5.95%になる。

次ページ利回りの良いREITを売った理由とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。