仮想通貨の鍵を握るのはやっぱりアマゾンだ

ビットコインは長期投資家の「敵」でしかない

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、価格が不安定なうえに不正アクセス事件も。草食投資隊は「まだ下がる可能性がある」と予想しつつも、今後の可能性についても言及(写真:sasaki106/PIXTA)

ビットコインをはじめとする仮想通貨が、今年に入ってから大暴落しています。1月26日には取引所の1つ、コインチェックで大規模な不正アクセス事件も起きました。仮想通貨は「一時的なバブル」で終わるのでしょうか。今回は仮想通貨に関して、価格の乱高下が株式市場に及ぼす影響や今後の可能性などを、草食投資隊の3人が考えます。

草食投資隊のまわりでも「億り人」が続出!?

渋澤:私の知り合いの話ですが、以前からビットコインを持っていました。ご存じのように、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、昨年の秋口から暴騰しましたよね。それによって利益が4億円にもなったそうです。

藤野:いわゆる「億り人」ですね。

この連載の一覧はこちら

渋澤:そう。でも、仮想通貨の利益に対する税金って雑所得扱いだから、儲けの半分近くが所得税として徴収されます。あと地方税ですね。その知り合いは税率の高さに憤っていて、シンガポールに移住しようかなどと言っていたのですが、まあでもしばらくすれば半分くらいに値下がりするかもね、なんて冗談も言っていたんです。それが本当になるとは……。

中野:私、あまり仮想通貨には詳しくないのですけど、勝てる戦略ってあるんですか。

渋澤:マイニングされても、供給が有限ですから、後から買う人がいるかどうかってことでしょうね。でも、私は思うのですが、仮想通貨の売買で得た利益って仮想利益みたいなものですよ。そもそも株式と違って、仮想通貨には本源的な価値がありませんしね。

中野:先日、卒業した学校のOB会に参加したんです。そこでOBを対象にした勉強会が定期的に開催されているのですが、今回、たまたま仮想通貨がテーマだったのです。で、OB会ではあったのですが、誰かの取り計らいで現役の学生も参加できるようにしたようで、参加者の半分が学生でした。若い人たちは結構、仮想通貨の関心が高いようですね。

渋澤:その学生たちは、実際に仮想通貨を持っているのですか。

中野:持っています。正直、そこで交わされていた質問は、私には全然理解できない「宇宙人の会話」のように聞こえました。

次ページビットコインはまだまだ下落する可能性がある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT