仮想通貨の鍵を握るのはやっぱりアマゾンだ

ビットコインは長期投資家の「敵」でしかない

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、価格が不安定なうえに不正アクセス事件も。草食投資隊は「まだ下がる可能性がある」と予想しつつも、今後の可能性についても言及(写真:sasaki106/PIXTA)

ビットコインをはじめとする仮想通貨が、今年に入ってから大暴落しています。1月26日には取引所の1つ、コインチェックで大規模な不正アクセス事件も起きました。仮想通貨は「一時的なバブル」で終わるのでしょうか。今回は仮想通貨に関して、価格の乱高下が株式市場に及ぼす影響や今後の可能性などを、草食投資隊の3人が考えます。

草食投資隊のまわりでも「億り人」が続出!?

渋澤:私の知り合いの話ですが、以前からビットコインを持っていました。ご存じのように、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、昨年の秋口から暴騰しましたよね。それによって利益が4億円にもなったそうです。

藤野:いわゆる「億り人」ですね。

この連載の一覧はこちら

渋澤:そう。でも、仮想通貨の利益に対する税金って雑所得扱いだから、儲けの半分近くが所得税として徴収されます。あと地方税ですね。その知り合いは税率の高さに憤っていて、シンガポールに移住しようかなどと言っていたのですが、まあでもしばらくすれば半分くらいに値下がりするかもね、なんて冗談も言っていたんです。それが本当になるとは……。

中野:私、あまり仮想通貨には詳しくないのですけど、勝てる戦略ってあるんですか。

渋澤:マイニングされても、供給が有限ですから、後から買う人がいるかどうかってことでしょうね。でも、私は思うのですが、仮想通貨の売買で得た利益って仮想利益みたいなものですよ。そもそも株式と違って、仮想通貨には本源的な価値がありませんしね。

中野:先日、卒業した学校のOB会に参加したんです。そこでOBを対象にした勉強会が定期的に開催されているのですが、今回、たまたま仮想通貨がテーマだったのです。で、OB会ではあったのですが、誰かの取り計らいで現役の学生も参加できるようにしたようで、参加者の半分が学生でした。若い人たちは結構、仮想通貨の関心が高いようですね。

渋澤:その学生たちは、実際に仮想通貨を持っているのですか。

中野:持っています。正直、そこで交わされていた質問は、私には全然理解できない「宇宙人の会話」のように聞こえました。

次ページビットコインはまだまだ下落する可能性がある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT