仮想通貨の鍵を握るのはやっぱりアマゾンだ

ビットコインは長期投資家の「敵」でしかない

藤野:代表的な仮想通貨のビットコインは、昨年12月に1BTC=250万円を超えるところまで値上がりして、1月18日に一時100万円を割り込みました。確かに大暴落ですが、まだ10分の1までは下がっていない。この水準まで下げても、まだ含み益状態の人もいるでしょうから、まだ売られるかもしれませんね。この下げを目の当たりにしたら、含み益状態の人はさっさと利益を確定させたい気持ちになるでしょう。

仮想通貨とブロックチェーンは「自動車と道路」の関係

中野:学生からすれば、株式投資に比べて気軽にできるのが、仮想通貨取引の魅力なのでしょうね。でも、仮想通貨って投資というよりも、ギャンブルに近いのでは? 本来なら規制を強化すべきだと思うのですが、仮想通貨が「フィンテック」の1つのジャンルになっているから、金融庁も安易に規制の声を上げにくい面があるのではないかと勘繰りたくなります。

藤野:規制の網を掛けるにしても、仮想通貨と、そのプラットホーム技術であるブロックチェーンは別物として考える必要があります。

中野:仮想通貨とブロックチェーンって、イコールの関係にあるというイメージが強いですよね。

藤野:ブロックチェーンが道路で、仮想通貨が自動車という関係ですね。ブロックチェーンは将来の社会インフラになりうるもので、さまざまな商取引や、各種データのやりとりなどを記録していく技術です。仮想通貨の実現に必要な技術が、たまたまブロックチェーンだったわけです。今後は、この技術を通じて、さまざまな商取引、決済などが行われるようになるでしょう。

仮想通貨に関していえば、現状、原資産の価値を裏付ける担保がないという点で、その価格形成はどうしても投機的になりがちだし、価値が不安定なのですが、この問題さえクリアされれば強みを発揮するのではないでしょうか。以前、この連載で「アマゾンコイン」の可能性について取り上げましたが、アマゾンという世界最強の流通業者の信用力を背景にした仮想通貨が本格的に流通すれば、米ドルや円など法定通貨の存在すら脅かす存在になるのではないでしょうか。

次ページ仮想通貨は株式相場に影響を与える?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT