ビットコインの価格はいずれ10分の1になる

「強気の3人組」が仮想通貨の未来を予測する

仮想通貨はバブル。ビットコインは10分の1になってもおかしくない。だがそれだけで片づけてはいけない(写真:ino masa / PIXTA)
2018年も仮想通貨は乱高下を繰り返しそうだ。代表的なビットコインは2017年末に一時2万ドル寸前まで上昇したが、改めて、マーケットの中で仮想通貨をどう考えればいいのだろうか。日本株については「かなり強気」で一致した阿部修平・スパークス・グループ社長、武者陵司・武者リサーチ代表、松本大・マネックス証券社長の3人が、仮想通貨の未来を予測する。

前編:2018年、日経平均3万円到達は十分ありうる

仮想通貨は「フィンテックの一環」

松本:2017年は仮想通貨の勢いが非常に目立った年でした。2016年の終わりにはせいぜい約2兆円だった時価総額が、2017年の終わりには40兆円前後までいったほどです。仮想通貨について、株式市場などとの関係も含め、どのようにご覧になっていますか。

2018年の仮想通貨はどうなるのか(左から阿部修平、武者陵司、松本大の3氏、筆者撮影)

阿部:仮想通貨の値動きを見ていると、バブルを久しぶりに見た思いがします。だから、(ビットコインなども)いずれは暴落して10分の1くらいになるでしょうね。

仮想通貨も含めて、通貨の反対側には必ず貨幣があるはずです。つまり、どういう貨幣と替えていくかということですね。しかし、どんな貨幣と替えるにしても、さすがに短期間に10倍になる、などというのは合理性がありません。合理性がないという狂乱の市場こそがバブルの定義ですが、「いずれ暴落する」というのはそういうことです。

武者:私も、仮想通貨が最終的にどうなるかという「結論」はわかりません。ただ、通貨というのはいわば交換手段です。やはり、価格が一気に10倍以上になったり急落したりしているところを見ると、今の仮想通貨の動きというのは非常に投機的だと思いますね。

もうひとつ重要なことを指摘すると、今こうして仮想通貨がもてはやされているのは、「フィンテック」の一環だとも思います。決済や価値保存の手段が、従来の法定通貨から、市場によって決められるようになり、実際には管理者が誰もいないテクノロジーに委ねられるようになってきているのです。こうした大きな変化は、ブロックチェーンのような技術を使う形で一つ一つの取引が統合されていく過程で起こっていくことだと思っています。

次ページ「投機の先にあるもの」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT