2018年相場は1月の成績がすべてを決める?

戌年は東京タワーから「ヒルズ」まで盛り沢山

日本株は最高のスタートを切ったが、1月末に相場はどうなっているのだろうか(写真:ジャバ/PIXTA)

2018年の相場格言は「戌笑う」だが、日経平均株価は大発会で「初笑い」ともいえる好スタート。5日も208円高となり、あっという間に2万3714円まで駆け上がった。では過去の戌年はどうか。振り返ると、1月相場の動きが重要なポイントとなっている。騰落率や需給面から、今後の見通しを探ってみた。

過去の戌年における日本株はどうなっている?

東京証券取引所が「東証修正平均株価」(現日経平均株価)の算出・公表を開始してから戌年は過去5回。それぞれを簡単に見ていこう。

(1)1958年(昭和33年)

巨人の長嶋茂雄選手が4打席4三振という「鮮烈なデビュー」を飾り、冬には東京タワーが竣工。皇太子の結婚式を機に白黒テレビが売れ、「三種の神器」(テレビ、電気冷蔵庫、電気洗濯機)が急速に普及した。国内経済は戦後の高度成長期の真っただ中で、有名な「岩戸景気」(1958年6月~1961年12月:42カ月)に入る。活発な技術革新を背景に「投資が投資を呼ぶ」という設備投資主導の景気拡大につながり、1958年の日経平均株価は666円で引け、年率40.5%も上昇した。

(2)1970年(昭和45年)

日本万国博覧会(大阪万博)が開幕。その直後に「赤軍派学生」による「よど号ハイジャック事件」が起きる。ボウリングブームに沸いていたのもこの時。国内経済は「いざなぎ景気」(1965年10月~1970年7月:57カ月)が続いていたが、1970年夏に消費主導型の景気が息切れ、後退局面へ入る。1970年の日経平均株価は春に一時2500円台まで買われたものの、年末に1987円の安値圏で引け、年15.8%下落した。過去5回の戌年相場で唯一の下げを記録。

(3)1982年(昭和57年)

500円硬貨が発行され、テレホンカードの発売が始まった。国内経済は第2次オイルショックのダメージを引きずっており、景気の後退期(1980年2月~1983年2月:36カ月後退)にあった。ただ、この年の秋に第1次中曽根康弘内閣が発足。都心部(特に東京23区内)の容積率を大幅に緩和したことから、徐々に地価高騰が始まる。1982年の日経平均株価は8016円で引け、年4.4%の小幅高にとどまったものの、後のバブル景気の序章となった。

次ページ1994年と2006年の戌年を振り返る
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT